飛行機輸送で五十嵐カノアのサーフボード5本全てが真っ二つに

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

度々問題となる飛行機輸送でのサーフボード破損

五十嵐カノアのサーフボード5本全てが飛行機輸送で真っ二つとなったことが自身のSNSに投稿され話題となっています。ロシアW杯を観戦し、7/30から始まるUSオープンの為にカリフォルニアへ行く途中の出来事でした。

「僕のボードバックは1週間後に戻って来たよ!…でもロシアの怒っているW杯のファンが空港で僕のボードを壊したのだろうか?」とカノアは冗談を飛ばして終えています。

今までもジョンジョンやアレックス・グレイのSNS投稿により話題となった問題ですね。アレックス・グレイの場合は4本のボードが飛行機輸送中に破損。インスタグラムへの投稿から#タグで同じような被害を投稿してもらい、2日間でTVニュースにまで発展。最終的にはアメリカンエアラインは過失を認め、サーフボードやハードケースの弁償の他、超過手荷物料金をも返済された結果となりました。

●詳しくは
『飛行機輸送でのサーフボード破損』SNS投稿からTVニュースへ発展した話
アメリカン航空の対応内容『飛行機輸送でのサーフボード破損』:続報

今回、5本ものサーフボード全てが真っ二つに。人間の素手の力で出来ることではありませんが、どこの航空会社かも含め真相は明らかにはなっていません。

SNSからは事実は報告しつつも気にしてもしょうがない感じの対応。次の試合に集中したいのでしょうね。次は昨年、悲願の初優勝を成し遂げたUSオープン(五十嵐カノアが地元ハンティントンで開催されたUSオープンで初優勝!『QS10,000 Vans US Open 2017』)。また『USオープンは自分にとっては全てである』と題した記事が今回、WSLに特集されており、カノアへの注目度の高さが伺えます。7/30からはじまる『Vans US Open of Surfing』楽しみです!これを逆にバネにして頑張って欲しいですね!

五十嵐カノア

・『Vans US Open of Surfing』WSL HP: http://worldsurfleague.com/2018/mqs//vans-us-open-of-surfing

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。