初心者から上級者まで1日中楽しめる!バツカラスのサーフィン事情と良い波に乗るコツ

ライター: 浜瀬海

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

バツカラス サーフィン

浜瀬海のバツカラス サーフトリップ紀行

こんにちは!プロサーファーの浜瀬海です。インドネシア ジャワ島 バツカラスのサーフシーズンは5月〜9月あたりの9ヶ月でその内、12月〜3月の4ヶ月がベストシーズンと言われますが、僕はベストシーズンとなる今月1月に行って参りました。そこで今回はバツカラスサーフィン事情や現地へのアクセス方法についてご紹介させて頂きたいと思います!

Index

1.日本から18時間!バツカラスへのアクセス方法
2.初心者から上級者まで楽しめる!バツカラスのサーフポイント
3.ショートボーダーもロングボーダーも楽しめる
4.ポイントは混んでなくてローカルはとても優しい
5.良い波に乗るコツ
6.バツカラスの食べ物屋
7.実際のサーフィン映像

インドネシア ジャワ島中部に位置する小さな漁村地帯バツカラス。バワースポットとしても有名です。

1.日本から18時間!バツカラスへのアクセス方法

ジャカルタ空港かジョグジャカルタ空港まで行き、そこから車移動でバツカラスに到着します。人によってそれぞれ行き方は異なりますが自分が行った行き方だと(ロングボーダーだからということもあります)、ジャカルタ空港まで行き、そこから車で約10時間くらいなので、日本からバツカラスまでは約18時間くらいかかります。正直、車での10時間の移動はきつかったですが、トリップなので良いことばかりではありませんね。笑

・海の近くにもホテルはあるが、現地では基本的にはバイクが行動し易い。バツカラス サーフィン

2.初心者から上級者まで楽しめる!バツカラスのサーフポイント

バツカラスは基本どこのポイントもレギュラーの波。グーフィーはビーチブレイクなどの場所で本当にたまに乗れるくらいで基本はレギュラー。レギュラーフッターやバックサイドが好きなグーフィーフッターにはもうパラダイスです!またバツカラスはサーフィン初心者から上級者まで楽しめます。メインビーチでは手前の方で、海水浴客が遊んでるくらいなので安心です。しかしより安全に、良い波を堪能するためにはサーフガイドは基本、必須だと思います!

3.ショートボーダーもロングボーダーも楽しめる

ショートボードからロングボード、ツインフィンからミッドレングス、フィンレスと…、様々なボードで楽しめます。ホレた波からトロイ波まで全部あるのでショートボーダーから、もちろんロングボーダーにはパラダイスです!

こんなロングボーダー向けのメローな波から、

バツカラス サーフィン

ショートボーダー向けのホレた波まで。

バツカラス サーフィン

またタイド(潮回り)によって出来る時と出来ない時があるポイントもあります。潮が引いてたらダメだったとこが上げたらとても良くなってきて、また今度は上げててダメだったポイントが引いたら良くなってきて。と時間を見て移動しながらサーフィンしないとなりません。

バツカラス サーフィン 




4.バツカラスの食べ物屋

海の近くにカフェが3店舗くらいと、ナシゴレン屋、ナシチャンプル屋、サテ(焼き鳥)屋などのインドネシア料理屋があります。ビンタンビールも飲めます。安くてとても美味いです!

5.ポイントは混んでなくて、ローカルはとても優しい

トリップに行く時にやはりきになるのは人の多さ。どこにいってもローカルはいます。でもバツカラスは人もそこまで多くなくて、ローカルもめちゃくちゃ優しいです!

バツカラス サーフィン

6.良い波に乗るコツ

どこに行ってもそうですが、まだ混雑していないバツカラスのようなポイントブレイク(リーフブレイクやローカルポイント)では特に気を付けなければならないのはやはりローカルリスペクト。あとはバツカラスや他の国に行ってもそうですが、そのポイントでのリズムっていうのが絶対にあります。そのリズムを崩さないことでローカルとも仲良くなれると思うし、何よりも気持ち良く、良い波に乗れると思いますよ!

7.実際のサーフィン映像

バツカラスは良い波で人もメローで雰囲気は最高!他のサーフトリップと比べても良い波に沢山乗れました。毎日1日中どこかしらでサーフィン可能なので、毎日少ない日で3ラウンド、多い日は5ラウンドサーフしました!また必ず行ってみたい場所です。

まとめるとベストシーズンの時期を選んで、サーフガイドを付けて、ローカルリスペクトすれば完璧です。良い波に乗れて、楽しくサーフィン出来ますよ!実際のサーフ映像は以下記事にもまとめてますので改めてどうぞ!

パワースポット『バツカラス』のロングライトブレイク!浜瀬海サーフィン映像


・バツカラス関連記事:【インドネシア ジャワ島 バツカラス】サーフィン波乗り紀行


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

浜瀬海(KAI HAMASE)

浜瀬海

神奈川県平塚市出身。小学1年生の時からサーフィンをはじめる。
最年少サーフスケーターズチャンピオン。ASP(WSL)のcadet u-18 優勝。中学2年生でショートボードプロ資格取得。19歳でロングボードのプロ資格も取得し、2017/2018 2年連続JPSAロングボードグランドチャンピオンを獲得!ショートボードとロングボードのWプロサーファー。
・Instagram→@kaihamase
・サーフィンスクール→kai-hamase-surfing.com