アメリカン航空の対応内容『飛行機輸送でのサーフボード破損』:続報

ライター: surfpro

1500Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフボード 飛行機破損instagram.com/a_gray

飛行機輸送でのサーフボード破損…サーファーであれば1度は自分が経験したり、身近な友人が被害にあった話を聞いたことはあるでしょう。

以前ご紹介したロサンゼルス出身のプロサーファーでビッグウェイバーのAlex Gray(アレックス・グレイ)のサーフボードが飛行機輸送の際に5本中4本が、そして1本は真っ二つに折れるような普通ではありえないサーフボードの破損トラブルが発生した件。

インスタグラムへの投稿から#タグで同じような被害を投稿してもらい、2日間でTVニュースにまで発展した何かのキャンペーンのような出来事。その後の続報をご紹介します。

詳しくは▶︎『飛行機輸送でのサーフボード破損』SNS投稿からTVニュースへ発展した話

アレックスグレイ

 

アレックスは加害者のアメリカンエアラインに対し、板運搬時のセキュリティービデオのチェックと損失補填を求めていました。その後アメリカンエアラインは過失を認め、サーフボードやハードケースの弁償の他、超過手荷物料金をも返済するとの連絡があった。と上記インスタグムに投稿。

アレックスは「皆さんの協力に感謝したい。ソーシャルメディアでの発信により、素晴らしい結果を得ることができました。今回のことは今後、サーファーにとって良い事例になったと思います…」などとコメントしています。

SNSでの発言が発端となり、2日後にはテレビニュースにまで発展。そして数日後には今までに例の無い最良の結果となりました。今回のケースにより飛行機輸送での運搬管理が徹底され、サーフボード破損被害が減少することを祈ります。

スマートフォン普及率が高まり、ユーザーのSNS投稿が大きな影響力を持つ時代です。またこちらもSNSの普及が引き起こした今時の新しい事例となりました。

 

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!