五十嵐カノアが地元ハンティントンで開催されたUSオープンで初優勝!『QS10,000 Vans US Open 2017』

ライター: surfpro

5276Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

五十嵐カノア
・五十嵐カノアの地元優勝に多くの人で賑わうハンティントンビーチ

アメリカ、カリフォルニアのハンティントンビーチで開催された「Vans US Open of Surfing」。QS10,000というWCTサーファーや世界トップサーファー達が出場する、WCTに出場するためのQSシリーズの中で最もグレードの高いイベントである。

その「Vans US Open of Surfing2017」でハンティントンに住む五十嵐カノアがファイナルでブラジルのTomas Hermes(トーマス・ヘルメス)を大差で破り、見事に初優勝を飾った!

・関連記事:大原洋人と五十嵐カノアがラウンド5へ進出!QS10,000 VANS USオープン2017

・セミファイナル:五十嵐カノア VS フィリペ・トレド—–

セミファイナルでは、過去2度もUSオープンで優勝している優勝候補筆頭フィリペ・トレドと対戦。ファーストウェイブでまたしても2人が交錯し、フィリペにインターフェアが与えられる。フィリペはこのインターフェアでセカンド・ハイエストスコアが半分となり、激しく追い上げるもこれが大きく影響し、カノアが勝利。

五十嵐カノア
・今年のリオに続き、再びこの2人に起こった今回のインターフェア

以下は今回のインターフェアのシーン。ジャッジはとても難しい。

 


 

 

 

今年のWCTリオ大会でも2人は交錯しフィリペにインターフェアが与えられた。
・関連記事;『フィリペ・トレドが出場停止処分に』WCT2017第4戦オイ・リオ・プロ

五十嵐カノア

・ファイナル:五十嵐カノア VSトーマス・ヘルメス—–

五十嵐カノア・開始早々先行されるも序盤に落ち着いて9.67Pをマーク

ファイナルはトーマス・ヘルメスに開始早々先行されるも、序盤に落ち着いて9.67Pを叩き出す。その後もリードを保ち後半に7.60Pを出し大差で優勝を飾った。9.67Pライディング動画は以下よりどうぞ。

 


 

 

 

五十嵐カノア

五十嵐カノアは一気に3位へジャンプアップ。本大会で9位となった大原洋人は10位から8位へランキングを上げた。今後もCTクオリファイ&リクオリファイを目指す2人に注目だ!Kanoa Congrats!

イベント詳細はWSL公式HP:worldsurfleague.com/events/2017

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!