ミッドレングスシングルフィンのターンスタンスとトリムスタンス2種類の乗り方解説

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

市東重明プロによるミッドレングスシングルフィンの乗り方解説
アプローチの角度は斜めにエントリー

サーフボードブランド『Lazy Boy Skill』の代表を務め、サーフショップ『LBS gallery』を運営する市東重明(しとうしげあき)(関連記事:プロサーファー市東重明がハウツー本『40代からでも波に乗れるはじめてのサーフィン』をリリース)。プロサーファーであり、サーフレッスンのスペシャリストでもある市東重明プロが、ミッドレングスシングルフィンの乗り方を詳しく解説!

ミッドレングスシングルフィンは、ターンスタンスによって多くのバリエーションの遊び方ができるのが魅力の1つ。今回は、1つ目はターンスタンス、2つ目は後ろ足を前足に寄せて加速する直線的なライディングとなるトリムスタンス、3つ目はトリムスタンスから前足を伸ばしたチーターファイブという技の、3つを解説。

キーポイントとなるバックフットの使い方

1.ターンスタンス:ターンをする時は後ろ足を定位置のターンスタンスに。波が厚くなってスピードアップする時は、後ろ足を前足に寄せて前荷重に。このメリハリが大事。

2.トリムスタンス:狭いスタンスでパワーゾーンをキープ

波に合わせてメリハリを付け、ターンで綺麗に波にどう乗るか。ナチュラルなサーフィンをマスターしてミッドレングスをより楽しもう。詳細は以下よりどうぞ!

◆動画のCHAPTER
■CHAPTER 0
市東道場オープニング 0:01
■CHAPTER 1
ミッドレングスでマニューバー!重要なターンスタンスのやり方 1:29
■CHAPTER 2
ミッドレングスでチーターファイブ!やり方とタイミング 6:25
■CHAPTER 3
ミッドレングスでトリムスタンス!やり方とタイミング 7:35
■CHAPTER 4
ミッドレングスを乗りこなすコツとスタンスについて まとめ 13:25



●市東重明 関連記事
サーフィン初心者がなかなか上達できない理由
認知症予防にサーフィンが有効な3つの理由
【ツインフィッシュ】意識で乗り方が変わる3つ
加藤嵐×市東重明『プロツアーを語る』
市東重明 × 吉川共久 ミッドレングスフィッシュ
ピッペン×市東重明〜やりたい事で生きていく〜
サーフィン上達エッセンス満載ピッペンサーフ対談
木村拓哉も登場。駿河太郎と片貝ロングボード映像

◆市東重明プロフィール
15歳でサーフィンに出会い、22歳でプロ資格を獲得しプロサーファーに。国内外の試合を点線し、その後ライフスタイルはとしてのサーフィンを提案すべくフリーサーファーに転向。サーフボードブランド『Lazy Boy Skill』代表。自身のサーフショップ『LBS gallery』で開催。サーフィンを最短上達に導く『市東道場プレミアムサーフレッスン』にて、サーフレッスンのスペシャリストとして多くのサーファーのサーフィン上達をサポートしている。

市東重明プロの熱いメッセージと魂の入ったオススメのハウツー本も是非どうぞ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

40代からでも波に乗れる はじめてのサーフィン [ 市東 重明 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/22時点)

 



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet