夏に日本に来日したケリー・スレーター密着映像

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

Kelly-Slater-drinking-Ayataka
記事参考元:world-surf-movies

 

2015夏、突如として鎌倉に登場した11×サーフィンワールドチャンピオンケリー・スレーター「Kelly Slater」(43歳)。ビッグサプライズとして、SNSなどを通して大きな話題となりましたね。今回はオーストラリアのストリート系マガジン『モンスターチルドレン(Monster Children)』より、そんなケリー来日の密着映像が公開されたのでご紹介します。

湘南でのサーフシーン、ファンサービス、ロンハーマンでのローンチパーティー、の様子などをチェックすることができる内容となっています。


 

ケリーの来日目的はご存知の方が多いと思いますが、長年のリレーションシップであったクイックシルバーとのスポンサーシップを解消してスタートさせた自身のブランド「Outerknown(アウターノーン)」のローンチパーティーのため。

今回の来日は10年振りとのこと。つまり、日本で最後に開催されたWCTイベント「クイックシルバー・プロ・ジャパン」以来ですね。アンディ・アイアンズとケリーのファイナルが今でも記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。

ケリーが日本に滞在した時間は、わずか72時間。来日前は、ツアーイベントでJベイ(南アフリカ)に滞在していて、まずはドバイに飛んでから東京。日本国内では、東京から鎌倉に移動し、再びの東京となり、その後はツアーイベント開催地のタヒチへと飛んでいます。

そんなタイトなスケジュールのため、日常的に世界を飛び回るケリーでも、時差に苦しめられている様子。深夜12時近くから明け方4時まで睡眠を取って起床後、再び6時から9時まで寝ちゃったと語っています。

肉体的にもハードでありながら鎌倉へ向かったケリー。やはり、ファンが期待するのはケリーのサーフィン。

疲れているにも関わらず、わざわざ東京から鎌倉を訪れてまでサーフする姿を見せてくれるとは、ファンの心理をよく分かり、その期待に応えようとする気持ちが分かりますね。

ケリー・スレーターがOuterknownを立ち上げた理由

最後に、Outerknownを立ち上げた理由を語るケリー。「僕ら(サーファー)って、日常的に最も自然に触れているんだ。世界中を一番旅して回っているのも僕らで、誰よりも(自然に)足跡を残しているかもしれない。だからこそ、自然に対する責任感を持たなきゃならないんだ」

商品の値段を見ると少しお高いOuterknownのラインナップ。しかし、ケリーは明白な目的を持ち、同ブランドを立ち上げた事が分かりますね。果たして今後、Outerknownがどのように展開していくのか注目です。


記事参考元:world-surf-movies

ビジネスサーフィン人気記事

『GoPro創始者ニック・ウッドマン』失敗から成功までの軌跡

サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業、ベンチャー企業へ
サーフィン サユリタ

人気の英会話サーフィン記事

オンライン英会話により、海外サーフトリップが格段に楽しくなった話
サーフトリップ英語

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet