サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業、ベンチャー企業へ

ライター: surfpro

2509Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業主になるか、ベンチャー企業で働くことをオススメしたい。メキシコのサーフタウン、サユリタに住み、会社を経営をしながらサーフィンをして、自由な暮らしをしている古くからの友人、ユイマルの話しを紹介しよう。

サユリタとは▶『絵に描いたような美しい海@メキシコ・サユリタ』でのビキニ美女サーフムービー
サーフィン サユリタ


サーフィンは、見極め、リスクへの覚悟、やり続ける努力。そしてどんな不確かなことを楽しめるベンチャーマインドが必要だ。彼は自分の経験をもとに、会社経営やベンチャー勤めにサーファーが向くという話をしてくれた。

マーケット(波)を見極める

いつ、どこで、いい波が来るか、完全には分からない。しかし波を見極めて、いい波が当たる確率を上げることはできる。波の無い海で波待ちしているサーファーをたまに見かけるが、それはそもそもの目的が違うのかもしれない。マーケットを見定める必要が有る。

リスクへの覚悟・やり続ける努力

いい波に乗るにはリスクを冒さないといい波には乗れない。その覚悟があるか無いかでサーフィンの上達の早さも変わって来る。プロサーファーは他の人よりも強烈なパーリング(失敗)した数が多いからプロになれたのだ。パーリングはたくさんするべきだ。ただしある程度、限度を超えた大波に挑戦するレベルに行くならば、それでパーリングしてもいいように身体を鍛えておく必要もある。

これはビジネスも同様だ。過去に失敗した数の多くても、信念を持ってやり続けている経営者ほど、今は自分のやりたいことができている。

不確性を楽しむことの重要性

板に立って波に滑り出すドロップする瞬間。これから波に乗れるかもしれないし、パーリングするかもしれない最も不確かな瞬間だ。波の形、大きさや早さは常に流動的で、サーファーはそれに対応する必要がある。

人生には何の保証も無い。もし決められた規則の中で人生を送っていても成功する保証なんて何も無い。逆に自分の会社が成功するかどうかなんてのも分からないのだ。

ただ人生の不確性を受け止め、多くの波に乗ろうとすればするほど、より多くの波に乗れるようになる。

人間は不確かさによる恩恵を受け入れてきた。綿密な計画を立てることで、クリエイティビティー(創造性、独創性)や可能性が無くなり、つまらないものになっていく。

恐怖心はあっても、不確かさを受け入れ、それを楽しむことができれば、想像や期待を超えた、いい波に乗ることができるだろう。

まさか何も考えず、毎日会社に出社することが当たり前になっていないよね?

まさかクリエイティブなスポーツであるサーフィンをする人にそんな人はいないと思う。もしいたとしたら行動してみた方が良い。

オススメはベンチャー企業情報が多く掲載されていて、登録がサクっと終わる転職サイト『スウィッチ』。また自分に合った会社を第三者視点で提案、給与交渉、面談設定までしてくれる転職エージェントの登録は必須。その数ある転職エージェントの中でも『リクルートエージェント』『DODA』はオススメだ。どれも善し悪しが異なるので複数登録しておくのが良いだろう。

働く場所や、副業可能な自由な会社もこの辺のサイトを使えば見つけることができる。

いい時代になったなあ。笑

自分への投資関連記事

失敗を繰り返して成功したサーファーの『人生を変えるアドバイス』

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!