360度動かせるVRサーフィン動画!CJホブグッドとチョープーバレル体験

ライター: ario

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

WSL(ワールドサーフリーグ)の公式スポンサーであるSamsung Galaxyがこのたびリリースしたパノラマアクションカメラ360Flyを駆使した体験型のショートクリップは必見だ。

・関連記事:【デモムービー】360度全方位撮影可能なパノラマアクションビデオカメラ「360Fly」、サーフシーンでも大活躍

ディレクターはサーフフィルム界の巨匠、テイラー・スティール。フィーチャーされているサーファーは、今シーズン限りでツアー引退を表明したバレルの名手CJホブグッド。ロケーションは、サーファーなら誰もがその美しく危険なバレルに包まれる事を夢見るタヒチのチョープーである。ほんの2分強のクリップだが、冒頭から最後までどの場面においても、あなたはいつでも画面を自由にドラッグして、360度視点を動かす事が可能になっている。それはあたかもCJホブグッドに同行してチョープーへトリップに向かったような映像体験だ。


冒頭、ポイントへ向かう車中の映像、あなたは助手席に座っている↓

VRチョープーへ向かう車中

ちょっと左を向けば、ハンドルを握っているのはCJホブグッド本人↓

VRハンドルを握るCJ

ちなみに、キャプチャー画像のタイム表示を見れば、この2つの画像がまったく同じ場面のものである事が分かっていただけると思う。

 

クルーが歩く長い桟橋の先には…↓

VR長い桟橋

ラインナップへ向かう水上タクシー↓

VR水上タクシー

 

ラインナップへ到着、ブレイクをチェックしていると…↓

VRチョープーの波チェック

背後ではCJが写真を撮っていたりする↓

VR写真を撮るCJ

 

水中映像も美しい↓

VRチョープーの水中映像

そばではCJがダックダイブしている↓

VRチョープーでダックダイブするCJ

 

フェイスが切り立ってきた波↓

VRチョープーの切り立って来たフェイス

振り返ると、既にテイクオフしたCJが…↓

VRチョープーでテイクオフしたCJ

 

このあといよいよバレルに包まれる訳だが、それは動画を見てのお楽しみ。GoProなど固定された視点でバレルに包まれる映像体験はこれまでもできていたものの、バレルの中にいながら視点を自由に動かせるというのは全く新しい体験であり、視点を変えながら何度でも楽しめるクリップだ。ぜひあなたもその目で確かめていただけたらと思う。以下の動画より是非チェックしてみて欲しい▶

※なお、この360度VR映像を楽しめる環境は今のところデスクトップPCかAndroidのスマホのみとなっている。



 

あわせて読みたい記事

【10点満点パーフェクトライド】引退が惜しまれるCJホブグッドのサーフムービー@チョープー

ビジネスサーフィン人気記事

サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業、ベンチャー企業へ
サーフィン サユリタ

失敗を繰り返して成功したサーファーの『人生を変えるアドバイス』
サーフィン 投資

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

ario

ario

オウエン・ライトの身長とロブ・マチャドの髪質を授かったが、残念なことにレギュラーフッター。三人の娘を育てながら、日々サーフライフバランスの実践を模索中。出没ポイントは千葉一宮。