オアフ島出身の才能豊かな15歳、ノア・ベスチェンが魅せるキレキレのターン

ライター: Jay

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

野球やサッカーといったスポーツと比べると決してメジャースポーツとはいえないサーフィンですが、GoProなどの撮影機器やYouTubeVimeoといった動画サイトが配信先として確固たる地位を築き、FacebookInstagramといったSNSを通して個人でも大いに拡散していけることから、一流アスリートのみならず、フリーサーファーやグロムサーファーらも地域や国境を超え積極的にプロモーションできる時代になりました。

特にグロムサーファーがセルフプロデュースを通して幼少時代から注目を浴び、充実したトレーニング環境や若手同士競わせるようなプログラムが用意されることで、サーフィンの間口も奥行きも広がれば競技レベルが底上げされるのではないでしょうか。

今回紹介するサーファーはハワイ・オアフ島出身の15歳のグロムサーファー、ノア・ベスチェン。ウェービーなブロンドヘアをなびかせながらサーフィンする姿は同じハワイ出身の先輩、ジョン・ジョン・フローレンスを彷彿とさせます。

注目シーンはキレキレのターン!4:12からのカービングはしっかりとしたレールターンが切れ味鋭く、4:27からのオフザリップを鋭角にキメています。もちろんターンのスキルだけでなくエアリアルやチューブライドなどオールラウンドなスキルを持ち合わせており観衆を飽きさせない才能豊かなサーファーで、今後ますますその名は広まっていくことでしょう。


THE WILD from LIEBER FILMS on Vimeo.

 

あわせて読みたい記事

【VOLVOM】天才グロムサーフセッション、ビッグウェーブアタックも

【必見グロム映像】ブラジルの超新星、13歳の少年サーファー、ルーカス・ヴィセンテ

【次世代サーフムービー】驚きの才能を持つ8歳のスーパーグロム、コビ・クレメンツ@モルディブ

ビジネスサーフィン人気記事

失敗を繰り返して成功したサーファーの『人生を変えるアドバイス』
サーフィン 投資

サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業、ベンチャー企業へ
サーフィン サユリタ

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Jay

Jay

20代♂。OAKLEYのアイウェアをコレクト中。最近のイチオシアーティストはKendrick Lamarと水曜日のカンパネラ。