松岡慧斗が2年連続『Wave of the Winter』2019年1月の月間ベストライドを受賞!

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

松岡慧斗サーフィン

1月に行われた『ダ・フイ・バックドア・シュートアウト2019』で史上初パーフェクト12Pをマークした松岡慧斗(詳細は:松岡慧斗が史上初パーフェクト12Pをマーク)。先日、サーフウェブマガジンSurferfの” Clips of the Month ”でカイ・レニーらを抑え1位を獲得(詳細は:松岡慧斗が2019年1月の” Clips of the Month ”で1位を獲得)。

また一昨年から日本人サーファーの活躍著しいSurfline開催の”O’Neill Wave of the Winter” (11~2月の4か月間の本格的なスウェルが入るハワイ オアフ島 ノースショアでのマンスリー&シーズンベストライダーを決める毎年行われるビデオコンテスト)。昨年は2018年1月に松岡慧斗が、2018年2月には椎葉 順が、2ヶ月連続で日本人が受賞し話題となった(詳細は:2ヶ月連続 日本人サーファーの快挙)。そして今回、昨年に続き松岡慧斗が2年連続で2019年1月のマンスリーベストライダーを受賞した!以下、投票結果の通り全体の62%の票を獲得しダントツの1位となり賞金1,000ドル(約11万円)をまず獲得。Congrats!!

家族を大切にする松岡慧斗らしいコメントが素晴らしい。

” MY TREASURE ”
自分のサーフィン人生最大の瞬間を大切な2人と過ごせたことは僕の一緒の宝物です!いつもありがとう

 

View this post on Instagram

 

Keito Matsuokaさん(@keito_matsuoka)がシェアした投稿

そして今年は昨年逃した11~2月の間のシーズンベストライドとなれば日本人初の名誉と25,000ドル(約270万円)の獲得となる。日本人サーファーの新たな道を切り開くことができるのか、更なる快挙に期待が高まる。

シーズンベストライダーは投票制ではなく、ジェリー・ロペス、シェーン・ドリアン、パンチョ・サリヴァン、ショーン・ブライリーの審査で決定する。以下のレジェンダリーなメンバーの中に名を連ねることができるのか注目です!

・WOTWシーズンベストライド受賞履歴
2011年 カラニ・チャップマン
2012年 リーフ・マッキントッシュ
2013年リカルド・ドスサントス
2014年ケリー・スレーター
2015年ジェイミー・オブライエン
2016年マイキー・オショーネシー
2017年コア・ロスマン
2018年ネイザン・フローレンス

今回受賞したライディング動画はこちらよりどうぞ!
松岡慧斗が史上初パーフェクト12Pをマーク!

 

記事参考元:https://www.surfline.com/surf-news



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。