メキシコ開催『Mexi Log Fest 2018』続報!吉川広夏が準決勝進出!

ライター: 高貫佑麻

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

メキシコ サーフィン

メキシコ、ゲレロ州、プラヤ・ラ・サラディータにて行われている『Mexi Log Fest 2018』。DAY6はメキシコ時間の5月5日(土)に更にワンサイズアップし胸肩前後のセットが入るパーフェクトなコンディションの中、メンズ&ウィメンズ ラウンド4〜5が行われました。

*これまでの経緯は→
クラシックロングボーディングの祭典 メキシコ『Mexi Log Fest 2018』
メキシコで開催されている『Mexi Log Fest 2018』途中経過速報

まだ未発表であったメンズのラウンドアップリストは、80名から16名に絞られるという狭き門で、僕、高貫佑麻はラウンド1よりもラウンド2、3と大会期間中にも上達を感じるほどでしたが、ネクストラウンド進出はなりませんでした。

メキシコ サーフィン

1つ前の速報でお伝えしたように、我らがぴろたんこと吉川広夏はラウンド4、ラウンド5に進出しており、本日も強豪揃いなヒートの中、体格的にも小柄でハンデがある彼女ですが、持ち味の華麗なステップワークとトリム、そして的確に波を読んで繰り出されるノーズライディングでウィメンズ中トップ3に入るスコアを叩き出し…、なんとメキシコ時間5月6日のファイナルデイに駒を進めました!

メキシコ サーフィン

まるで魔法のような波のスティープなセクションを攻めつつもスタイルを出しまくるぴろたん。

メキシコ サーフィン

以下、ラウンド5の面々です。左から世界チャンプのHonolua Blomfield、我らがPirotanKristy Murphy、昨年のDEUS 9ft&single覇者Rosie Jaffurs

メキシコ サーフィン

メンズ、ウィメンズともに世界に名立たるトップロガーたちが選ばれたファイナルデイ、メキシコ時間の5月6日7;20よりヒートがスタートされます。

メキシコ サーフィン

ウィメンズ準決勝ヒート1にクレジットされているぴろたんは、女性ロガーの憧れの的であり、自身の名前を冠したブランドを展開するKassia Meador、世界チャンプのTory Gilkerson、Kristy Murphyという強豪を相手に準決勝でも彼女らしいグレーススタイルを魅せてくれることでしょう。日本代表のぴろたんを応援しましょう!

ぴろたん、そして世界の強豪選手達の華麗なライディングは以下よりどうぞ!

MexiLogFestさん(@mexilogfest)がシェアした投稿



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

高貫佑麻

高貫佑麻

千葉県御宿町出身 一宮町在住 1989年生まれ。様々なボードや波を乗りこなしてサーフィンの本質に迫る、ナチュラルな魅力を持ったプロサーファー。 毎冬ハワイのノースショアに通い、エピックなパイプラインをメイクするビッグウェーバー。旅人であり、モノづくりや写真、環境問題などに取り組んでいる。サーフライダーファウンデーションジャパン・アンバサダー。 目指すはWaterMan。現在は自称WaterBaby。
・Facebook→@yuma.takanuki
・Instagram→@yumatakanuki
・Web Site→yumasurfmag.com
より楽しくサーフィンしてもらえるよう、僕が一緒に海に入り指導させて頂くサーフィン塾も行っております。ご興味のある方は info@yumasurfmag.comにメール下さい。