未だかつてない超ハイレベルなQS1000で『和井田 理央』が準優勝!

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

和井田 理央WSL/TIM HAIN

セミファイナルではなんと、セバスチャン・ジーツにも勝利!

ワールドクラスのレギュラーバレルが立つことで有名な、バリ島クラマスで開催されたWSLアジア第2戦であるQS1000 Komune Bali Pro(コムネ・バリ・プロ)。本大会はQS1000の大会にも関わらず、タジ・バロウ、アドリアーノ・デスーザ、セバスチャン・ジーツ、ジャック・ロビンソンetc…現役CTサーファーや元CTサーファーなど世界トップレベルのサーファーが続々と出場した、未だかつてない超ハイレベルなQS1000シリーズとなった。

その超ハイレベルなQS1000シリーズで、日本とインドネシアのハイブリッドサーファー和井田 理央が見事に準優勝という快挙を成し遂げた!現在バリ島在住の和井田 理央は、母が日本人で父がジャワニーズ、年齢はまだ17歳!彼は先日のJPSAのバリ・クラマスでも準優勝している勢いに乗るヤングガンだ。
・関連記事:『佐藤魁』感動の初優勝!JPSA2017開幕戦@バリ島クラマス

ROUND5では元CTサーファーのカイ・オットンやディーン・モリソンをおさえて2位でラウンドアップ!

和井田 理央

クオーターファイナルではパーコのいとこ、ミッチー・パーキンソンに勝利!エクセレントスコアの攻防を征した!
関連記事:1つの波で7回チューブイン!パーコの従兄弟ミッチー・パーキンソン

和井田 理央2

セミファイナルはROUND5で負けた、現役CTサーファーでもトップレベルのセバスチャン・ジーツに9P以上のエクセレントスコア2本を出してなんと勝利!ファイナルへ!快進撃!

和井田 理央3

ファイナルは元CTチャンピオンであるアドリアーノ・デスーザをセミファイナルで破った ブレント・ドーリントン(AUS)に、序盤逆転され後半追い上げるも届かず、準優勝となった。僅かに及ばずだった。

和井田 理央 準優勝

CT入りもまったく夢では無い。和井田 理央、今後大注目の選手だ。

WCL公式ページ:worldsurfleague.com/events/2017/mqs

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

美容や健康に携わりたく、美容師、栄養士を経て独立。今まで転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は投資と会社経営をしながら世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来るもの。人生サーフトリップ!