五十嵐カノアがミック・ファニングに0.01ポイント差で大逆転勝利

ライター: SurfingKids

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン 五十嵐カノアPhoto by WSL/Matt Dunbar

WCT第2戦 ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)が西オーストラリアのマーガレットリバーで開催された。大会2日目はメイン会場であるマーガレットリバーのサーファーズポイントで開催。

前回の大会から引き続き、本大会初日Round1でも思うようなサーフィンができず敗退した五十嵐カノア。しかしRoud2で持ち前の勝負強さを発揮し、なんと3×ワールドチャンピオンであるミック・ファニングを大逆転で破りRound3に進んだ。前半リードされるも後半にカノアが逆転。終了間際にミックが逆転をかけて波を掴むも得点は伸びず、カノアの勝利が決まった。いつも勝ち方にもスター性がありますね..

五十嵐カノア

今シーズンより完全復活したミック・ファニングだったがかなり久しぶりの1コケとなった:ミック・ファニング完全復帰!2017年WCTツアーフル出場を発表

五十嵐カノアの7.67ポイントライド

 

終了間際のライディング後かなり悔しそうに板を踏みつけるミック・ファニング

大会初日はWSL史上初となる「North Point(ノースポイント)」で行われた。Margaret River Pro 2016で優勝したディフェンディングチャンピオンがのセバスチャン・ジーツのパーフェクト10ライド@Round1 Margaret River Pro 2017。ディープバレルを抜けてくるシーバスに解説も「オーマイガット!」と大絶賛。これはやばい!

Day 2 Highlights – Drug Aware Margaret River Pro 2017 波も音楽もノリノリ

WSL公式HP:http://www.worldsurfleague.com/events/2017

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

SurfingKids

SurfingKids

AD Agentを経て独立。紆余曲折ありつつも、現在は会社経営をしながら投資家として活動。コンテストサーフィン観戦が趣味の1つです。