ミック・ファニング完全復帰!2017年WCTツアーフル出場を発表

ライター: surfpro

363Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ミックファニング
WSL / Sean Rowland

2015年にWCTファイナルでのシャークアタックや、ツアー中の兄の死などの訃報や不慮の事故の後に離婚も続き、2016年は休息期間としてWCTへはフル出場せずコンペシーンと距離を置いていた3×ワールドチャンピオンのミック・ファニング「Mick Fanning」(35歳)。(しかしながら2016年のWCTツアーへは全11戦中5回の出場で見事CTクオリファイはしっかり果たしている。凄すぎますね。)*詳しくは▶︎ミック・ファニング2016年の重大な決断

今回そのミック・ファニングが2017年のWCTワールドツアーにフル出場することを自身のインスタグラムで正式発表し海外で話題となっている。Surfer.comによるとミックのスポンサーであるリップカールからも復帰についてのリリースがでたようだ。

ミックはインスタグラムで2017WCTへの復帰宣言と共に、「私に時間(2016年の休息期間)をくれたWSL、そして私を全面的にサポートしてくれたスポンサーに感謝したい 」と述べている。

ミック・ファニング

休息中はアイルランドやアラスカなど、誰にも知られていない未知の海へのサーフトリップムービーがリリースされていた。また先日もオーストラリア最高の名誉勲章を受賞など嬉しいニュースが続いていた。詳しくは▶︎ミック・ファニングがオーストラリア最高の名誉勲章を受賞

2017年はサーフィン中の事故によって大怪我を負ったオーウェン・ライトビート・ダービッジの復帰も決まっており、そこにミック・ファニングも復帰という今回の嬉しいニュース。WCTとサムスンの契約解除という後ろ向きなニュースもあるが選手サイドは素晴らしいメンツが揃ったようだ。(関連記事▶︎ サムスンとWSLのパートナーシップ契約解消が明らかに

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!