サーファーが足裏トレーニングで得られる5つのメリット&トレーニング方法

ライター: T.kazu

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーファー 足裏 トレーニング
Photo: オーストラリア ヌーサ

 

足裏は身体の中で唯一ボードと接している部位であり、ライディングの「土台」と言えるかもしれません。足裏をトレーニングすることで、バランス感覚やライディングの向上が期待できます。しかし、体幹トレーニングやウエイトトレーニングはしても、足裏を鍛えないサーファーは多いように感じます。今回は足裏をトレーニングする5つのメリットと足裏トレーニングの方法をお伝えします。

 

このような足の裏は要チェック

サーフィン 足裏チェック

・外反母趾気味
・偏平足(アーチがない)気味
・足の指先が地面から浮いている(浮き指)
・足指の曲げ伸ばしがスムースにできない

このような人は足裏のトレーニングが必要かもしれません。足裏をトレーニングするメリットや効果を5つお伝えします。
サーフィン 足裏 バランス感覚の向上

サーファーが足裏トレーニングで得られる5つのメリット

①バランス感覚の向上

足の裏には以下2つを司るセンサーがあります。

1. 「身体が傾いている・のけ反っている」という身体の重心を感知するセンサー
2. 「波がぼよついている・ガタついている」というボトムを感知するセンサー

この2つのからの情報をもとに身体はバランスをとっています。足裏の機能を高めることでバランス感覚の向上が期待できます。

②ライディングや着地の安定性向上

足の裏にはアーチがあり、サスペンションのような役割を担っています。アーチの働きにより【オンショアの凸凹の波】や【ローラーコースターの着地】などの場面で、インパクトを受け流し身体を安定させることに役立っています。また、膝や腰への衝撃を軽減させる効果もあるので、腰痛や膝痛があるサーファーにとってアーチは重要かもしれません。

③ボードコントロールの向上

ノーズライドやボトムターンなどでボードをコントロールする際は、「グッ」と足指でボードを握るような力が必要になる場面もあります。手指のように足指が動くことで、グリップ力は増しボードをコントロールの向上が望めます。

④レールワークやターンの向上

レールワークやターン…身体の重心はつま先・かかと側とシフトするので、足裏の感覚が増すことにより、重心コントロールの向上が望めます。特に身体の重心は足の親指を中心にとるので、レールワークやターンの鋭さや滑らかさを出すには、親指の機能がポイントです。

⑤足指のつり予防

サーフィンの準備運動で足裏・足指を動かしておくと『足指のつり』の予防が期待できます。これは地味に痛いし、足指のつりで悩んでいるサーファーは多いように感じます。準備運動で足裏の体操はおススメですよ。

 

足裏のトレーニング動画

おすすめの足裏トレーニングを2つご紹介致します。回数は1日何回行っても構いませんが、無理はしないで下さいね。

【注意点】
・無理をしない
・呼吸を止めない
・身体に違和感があれば運動をしない

【方法】
・親指以外の指は付け根から反り、親指を上下に動かす
・強度を上げたい人は、足を広げる

【ポイント】
土踏まずを意識する

【方法】
親指を伸ばし指先を曲げ、足首を返して指を広げる

【ポイント】
タオルを撮むイメージで5本の指先を曲げ、足裏に縦ジワを作る。

 

まとめ

サーファーにとって足裏はライディングの土台。足裏をトレーニングして、あなたのサーフィンがもっと楽しくなることを願います。

わたくし、COMFYの管理栄養士&スポーツトレーナー高橋和晃の関連記事もどうぞ▶︎サーフピラティス モニター様の募集

comfy

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

管理栄養士サーファー

T.kazu

【Make your life more comfy】をテーマに管理栄養士・スポーツトレーナー・ピラティスのハイブリットな技術で、一般~スポーツ愛好家の方までの身体作りをサポート!湘南にて日々、奮闘中。
健康相談はお気軽にどうぞ:http://comfy.studio