サーフィンの街マウント・マウンガヌイで1番愛されているコーヒーショップ

ライター: shinji_dog

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ニュージーランド

離婚&『ルカ・コーヒーショップ(Luca coffee shop)』オーナー ダンとの出会い

ここニュージーランド北島 マウントマウンガヌイというサーフタウンに、2014年にオープンしたルカコーヒーショップというコーヒーショップがある。そう私がちょうどニュージーランドに来た頃にオープンしたとてもセンスのあるお店だ。

その頃私は同じストリートにあるお寿司屋さんで働いていた。仕事終わりに波があれば必ずサーフィンしていた。ある日家から徒歩2分のメインビーチでサーフィンをしていた際にコーヒーショップのオーナー、ダンと海で知り合った。

それから私が働いているお寿司屋さんにコーヒーを持ってきてくれてはよく買いに来てくれた。当時の彼の奥さん(人生色々で今は離婚しているが。。)のお母さんが日本に住んでいた時に英語の先生をしてようなのだが、当時飼っていた犬の名前がなんと、私と同名で(シンジ)だった!

何故、犬にシンジという名前を付けたのかかなり疑問に思うが。という感じで話が弾み仲良くなっていくうちにご飯を一緒に食べたり、サーフィンをしたり、彼の店でコーヒー飲んだり仕事終わりにビールという感じで家族のように接してくれた。今となってはニュージーランドの私の大切な家族。実は私も色々あり、長年連れ添った奥さんとここニュージーランドで別れることになったのです。。

彼がいなければもうとっくに日本に帰っていたと思う。ダンはベジタリアン(菜食主義者)で肉、卵、魚、等を口にしない。だからなのかとても痩せているがいつもパワーに満ち溢れていてサーフィンも上手いしスケートやスノーボードまで乗りこなし、ギターも弾けて絵も描けるというなんとも羨ましい才能の持ち主。

そんな彼と住んでもうすぐ1年になるが家では野菜オンリーなのだ。そのおかげでとてもヘルシーな生活を送っている!と思うが彼の酒を飲む量は半端じゃないのでついていけません。笑

そんな彼は下の写真の通りBeekeeper(養蜂家)でもある。様々なことにチャレンジする彼の行動力には頭が上がらない。

ニュージーランド (1)


Luca coffee shop ルカ コーヒーショップの名前の由来

ニュージーランドルカとフランス人女性達との午後のひと時。photo by Jereme

店の名は彼の息子の名前(ルカ)が由来だ。その彼の息子(写真左)は6歳でいつも元気で明るく、たまに調子に乗り出すと少し生意気だがフレンドリーで私にいつも英語を教えてくれるのです。ルカ (Luca)とはスペイン語で光をもたらす(bring of light)そういう意味合いから名付けたそう。

誕生日やクリスマスなどの行事の時にプレゼントをあげるといつもThank you とハグ、たまに興奮しすぎると頬っぺたにキスまでしてくれる。可愛いが男の子なのでちょっと変な感じがするので一言で納めておこうと思います。

サーファーやローカルに愛されているルカ・コーヒーショップ

サーフィンコーヒー

ニュージーランド いつも明るく楽しそうに働いているスタッフ達

Jordan Griffin
以前に紹介したジョーダン・グリフィン(ニュージーランドの若手プロサーファー『ジョーダン・グリフィン』)。私の職場が隣なのでたまにフリーコーヒーを持ってきてくれる。photo by Jereme

ニュージーランド
photo by Jereme

そんな彼のお店なのだがメインはコーヒーのみ。使用しているコーヒー豆はSUPREME COFFEE。ドーナツやスコーン、クロワッサンにチョコレートといった感じで軽食しか扱っていないが、地元の幅広い世代の方からローカルサーファー達でいつも賑わっている。彼の人柄がみんなを引き寄せるのだろう。

彼の周りには本当に素晴らしい人達で溢れている。サーフィン雑誌のクルーからプロサーファー、カメラマン、スケーター、雑誌モデルに可愛い女の子までとても賑やかで華やかで、ここマウントマウンガヌイで一番スタイリッシュで勢いに乗っているコーヒーショップと言えるだろう。

そんな彼はというと、以前に私がお寿司屋で働いている時になかなか休みがもらえない(夏は忙しく2か月以上休めない…トホホ)私に気を使ってくれ、うちでコーヒーを作ってみないかと誘われたのだがバリスタでは私が目標にしている永住権を取得できないので断ることになった。

それでも彼は私のためにシェフの仕事を探してくれ、そのおかげでなんと彼のお店の隣のカフェで働けるようになったのだ。しかしそのカフェの状況は残念ながらあまり良くない。なぜなら一緒に働いているニュージーランド人のシェフがレイジー(怠け者)であまり働かないのです。そんな彼らと働くようになって、なんとなくこの国はこんな感じで良いのかな?と自分に言い聞かせてニュージーランドのカルチャーを感じながら一生懸命日本人らしく?一人の料理人として働いています。

ニュージーランド
日本でお馴染みのサイフォン。日本のコーヒーメーカー『Hario(ハリオ)』はここニュージーランドでも有名。photo by Jereme

machine

ニュージーランドニュージーランドでは多くの人に愛飲されているエスプレッソコーヒー。

ニュージーランドphoto by Jereme

ニュージーランドの北島マウントマウンガヌイにサーフィンや観光に来られた際は是非ルカ・コーヒーショップで一息ついてみてはいかがでしょうか。お店は基本的に朝6時からオープンしていますのでサーフィン前に、そしてサーフィン後にゆっくりしてみては。スタッフやオーナーのダンとサーフィンの話やボードの話、彼らのライフスタイルなど話が弾むと思いますよ!英語の勉強にも…。

ルカ・コーヒーショップについては https://www.facebook.com/pages/Luca

Instagramで私の海外生活の近況などアップしていますのでフォローよろしくお願致します! @shinji_dog

関連記事:『サーフィンとコーヒーの距離感』コーヒーが与えてくれる4つのメリット



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shinji

shinji_dog

オーストラリア、インドネシア、フィジーを旅をし、ニュージーランド北島にあるマウントマウンガヌイに移住する。永住権を取得しサーフィンライフを通してここマウントマウンガヌイをベースにニュージーランドの魅力を伝えていけたらと思います。 ニュージーランドでの日常をこちらインスタグラムにアップしていますので 是非フォロー宜しくお願い致します!!→@shinji_dog