日本サーフィン映画 不朽の名作「あの夏、いちばん静かな海。」

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

日本サーフィン映画

日本サーフィン映画

サーファーオススメ”日本のサーフィン映画”

1991年に上映された監督 北野武 、主演 真木蔵人 の邦画『あの夏、いちばん静かな海。』。北野武監督が世界的にも注目されだしたのは、1997年(平成9年)にヴェネツィア国際映画祭で映画『HANA-BI』が日本作品で40年ぶりとなる金獅子賞を受賞してから。この作品はその受賞前の作品なので、当時は注目されていなかったがHANA-BIにより世間の注目度が格段に上がったのだ。(サーファー真木蔵人の関連記事:真木蔵人の名言。そしてサーフフード。『波乗りは人生の縮図vol.5』

当時のサーファーなら多くの人が観ただろうサーフィン映画だが、若いサーファーであれば知らない人も多いはず。サーフィンを始めた時の想いや、サーフボードへの想いが蘇る不朽の名作!サーフィンに言葉は要らない。北野武監督らしい深み、奥行きのある作品。久石譲の音楽が心に響く、懐かしい感じがする予告編動画は以下よりどうぞ!

北野映画といえばこちらキッズ・リターン もかなりオススメ!
「オレたちもう、終わっちゃったのかな」「バカやろう、まだ始まっちゃいねえよ」。

出演:金子賢/安藤政信



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

美容や健康に携わりたく、美容師、栄養士を経て独立。今まで転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は投資と会社経営をしながら世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来るもの。人生サーフトリップ!