【サーフィン:デッキパッドの貼り方】ジュリアン・ウィルソンに学ぶ

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ジュリアンウィルソン2

サーフィンデッキパッドの貼り方は意外と難しい。ずれたりして失敗したらショックは結構デカい。今回はオーストラリアのWCTトップサーファーでイケメンサーファー、ジュリアン・ウィルソン(Julian Wilson)がデッキパッドの貼り方をご紹介!

(女性に人気のジュリアンの収入記事▶オーストラリアサーファーの年収『夢のあるスポーツ サーフィンへ』

1.デッキパッドを貼る前に(重要)

デッキパッドを貼る前にサーフボードにほこりなどが付いていないよう、しっかり拭いて綺麗な状態に。そしてボードのどの位置にデッキパッドを貼るのか、シールを剥がす前にデッキパッドを置いてみること。

2.デッキパッドの貼る位置

写真のように、できるだけテールよりに寄せリーシュカップに近づけて貼るのがオススメ。そうするとテールエンドに後ろ足を体重移動することが可能になるので、ボードの回転性をより引き出せるようになる。

3.センターピースを貼る

デッキパッドの中央にあるセンターピースを最初に貼るが、センターピースのシールの台紙を半分までを剥がし、中心を板のストリンガーに合わせる。残りの台紙を剥がしてセンターピースを完全に貼る。その際、デッキパッドの中に空気が入らないよう確かめながら貼る。

デッキパッド4

4.サイドピースを貼る

最後はデッキパッドの左右にあるサイドピースを貼る。このときもシールの台紙を半分だけ剥がしてからアウトラインに沿って貼っていきます。両サイド貼ったらしっかり押して完成!

デッキパッド3

デッキパッド5

ジュリアン・ウィルソン

上記、英語を簡単に訳しましたが、ジュリアンのデッキパッド講座とライティングは以下よりどうぞ▶

人気記事

サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業、ベンチャー企業へ
サーフィン サユリタ

失敗を繰り返して成功したサーファーの『人生を変えるアドバイス』
サーフィン 投資

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

美容や健康に携わりたく、美容師、栄養士を経て独立。今まで転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は投資と会社経営をしながら世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来るもの。人生サーフトリップ!