日本の波に合わせ開発されたツインフィッシュ『Dead Kooks Psychocandy 5’3』中村光貴サーフィン映像

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

日本の波に合わせて開発されたツインフィッシュ『Dead Kooks Psychocandy 5'3』中村光貴サーフィン映像

『FiLTeR SURF ROOM』で優勝

サーフィンの楽しさを伝えるというコンセプトで毎年開催されているサーフィンコンテスト『FiLTeR SURF ROOM』。先日、静岡県浜松市の凧場ポイントで開催され風波の中、キレのあるターンから大きなスプレーを巻き上げる見事なサーフィンを披露し、優勝した湘南出身のプロサーファー中村光貴(なかむらこうき)。スラスター、クラシック、フィンレスと何でも乗りこなすが、最近ではサーフボードのシェイプも行っている事も相乗効果を生み、サーフィン自体のクオリティも益々向上している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Koki Nakamura(@kokistyle)がシェアした投稿

そしてこちらは中村光貴によるDEAD KOOKSのPsychocandy(サイコキャンディ)でのサーフィン映像。Psychocandyは、パワーの無い日本のビーチブレイク用に開発されたツインフィッシュボード。テイクオフと加速が速く、レールも入れ易いのでしっかりとしたターンも実現できるサーフボードだ。(モデル:Psychocandy 5″3 / スペック:5’3″x20 1/16×2 3/8)。ここ最近ノリに乗っている中村光貴のライディング映像をどうぞ!

関連記事:人を笑顔にするバイロンベイ発祥のソフトボード『88surfboards』中村光貴フィンレスサーフィン映像

サーフボードお問合せ先:Dead Kooks Shonan



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet