ドジ井坂 子どもの運動能力を開花させるダイナミックバランスの魔法

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィンはバランスをとれば楽しめるアーススポーツ

ドジ井坂です(私については…『ドジ井坂』ドジと呼ばれて50数年、この名前の由来とは)。サーフィンは波の力を利用すれば、それで十分に楽しめます。サーフィンの用具は飛躍的に軽量化され、サーフボードを操作し、また波の力を利用するノウハウを身につければ、筋力はそれほど無くても十分に楽しめるスポーツなのです。

一般のスポーツは陸上を移動するために筋力が必要ですが、サーフィンなど、波や風や重力などの自然のエネルギーを利用するスポーツ(アーススポーツと呼ぶ)は、その用具に乗り、バランスをとっていれば、それだけで楽しめるスポーツなのです。

東京のオリパラ教育のプログラムとしてプールで小学生に体験してもらいました。まず地上でテイクオフ体操の練習をしてバランススティックに乗り、バランスキューブ上のボードでシュミレーションすれば、ほぼ全員がプールに浮かんだボードにテイクオフして、フェザリングと言うステップでプールの端まで自然に移動することができるのです。詳しくは以下の動画よりどうぞ。

揺れるボードの上で、力まず身体の微振動で揺れていると、踏ん張っているよりバランスは格段に良いのです。みなさんは陸上の動物だから、にわかに信じられないかもしれません。しかし、理論通りやってみれば、必ずできるのです。

子どもの運動能力を開花させる ダイナミックバランスの魔法

皆さんがイメージしていたバランス感覚とは少し違う理論を、今回「ダイナミックバランス」という理論で解説した単行本をワニプラス社から8月2日発売しました。基礎もわからないまま。用具の急激な進化に追いつけずに、またサーフィンの正しいやり方を体験しないまま、サーフィンをギブアップしてしまった方がとても多いです。陸上のスポーツとは違う、サーフィンなど自然のスポーツの理論を理解すれば小学生が証明してくれているように、誰でも基本は出来るはずなのです。

あたらしいものは、初めのうち何が何だかわからないかもしれません。ご自身の身体の中で起きているバランスなので、この理論は外見の動きからはわかりにくいのです。単行本「ダイナミックバランス魔法」の中で解説している理論を理解して、今までなぜサーフィンが上手くいかなかったのか、その理由を見つけて、もう一度サーフィンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。このダイナミックバランスの理論は、スケートボードでもスノーボードでも応用出来、疲れ知らずで滑走を楽しめるようになります。それが、どのようなモノなのか、YouTube の Doji Isaka TVでも少しずつ公開を始めています。

ドジ井坂ジャパンメソット

正しい理論に基づいた陸トレーニングは、ドジ井坂が開講している夜のトレーニング講座やクリニックで体験できます。※トレーニングスケジュールと参加はこちら→︎ beachschool.com から。初めての方もお気軽にお問い合わせ下さいね!

・テイクオフシート



 

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet