『ドジ井坂』ドジと呼ばれて50数年、この名前の由来とは

ライター: ドジ井坂

1475Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン ドジ井坂

全日本プロサーフィン選手権初代チャンピオン『ドジ井坂』。ドジと呼ばれて50数年、この名前の由来とは…

ドジ井坂です。
ドジと呼ばれて50数年、この名前の由来からお話します。1969年鴨川で開催された全日本選手権に優勝し、メキシコの世界大会に向かった先で大会はキャンセル、日本に戻るわけにもいかず、カリフォルニアで半年ボードシェイプ修行して、翌1970年オーストラリアのベルズビーチの世界大会に日本人初の代表として出場できました。僕は思い立ったら即行動で、少しおっちょこちょいのところがあるのです!笑

オーストラリアのテレビ局に出演した時、勘違いして質問とは違うことを言いたい放題で、新聞の3面記事に注目されたり、初の世界選手権の会場で、いろいろなハプニングを起こし、キャンセルされた世界大会に行ってしまったドジな話にはじまり、世界中から集まったサーファー(現在の世界の名だたるレジェンド達)の間で、「ドジ」がそのままニックネームになってしまったのであります。

そして決定的な事件が起きます。その年のハワイのノースショアで開催されたスミロノフプロアマ選手権に日本代表として招待され、賞金を獲得できたのです。しかしその賞金の小切手には、doji Isakaと記載されていて、パスポートの本名と異なり換金出来ないというのです。でもハワイの新聞に掲載された写真入りの記事で同一人物と証明できました。その時、あなたは「Hiromi Doji Isaka」の名刺と、新聞などの記事をいつも携帯することね。と銀行のスタッフに言われました。そしてドジイサカは正式なインタナショナル名になったのです。

ライタープロフィールにもより詳しく記載していますが、ドジ井坂で検索していただければ、Wikipediaをはじめ今までのいろいろなドジ行が掲載されているのでご覧下さい。

サーフィンのテクニックやトレーニングについての解説

・サーフィン上達のための、スケートボードのトレーニング
サーフィンスケードボードトレーニング_063江崎

さて、僕が現役をリアタイアして取り組んできたのが、サーフィンをはじめとする横乗り系ポーツのイベントプロデュースと一般誌やサーフィン雑誌で、サーフィンの技術解説とそのトレーニング方法についての研究です。

そして今回、WAVAL(ウェイバル)でも、サーフィンのテクニックやトレーニングについての解説をさせていただくことになりました。

東京オリンピックの追加種目にもなったサーフィンそしてスケートボードは、20世紀の筋肉系スポーツと比べ、波のエネルギーや重力を上手く身体に伝えるセンス・動作感覚が大切な、21世紀にふさわしいスポーツと考えています。これまで日本のサーフィン界は、欧米のサーフィンスタイル追従でした。しかし、人体工学から考えても、日本人の体格(骨格)や筋肉の質などの特徴に活かせるサーフィンスタイルがあると思うのです。

そこで、これまでのサーフィン、そしてスケートボードやスノーボードといった横乗り系スポーツの基礎動作感覚を「ドジ井坂ジャパンサーフィンメソッド」として、解説して行くことにしました!

続きはこちら▶︎
サーフィン上達のためのスケートボードトレーニング方法
doji-isakaの記事一覧

半信半疑でよくわからない方は、是非ドジ井坂が開講している夜のトレーニング講座やクリニックで体験してみて下さい。※トレーニングスケジュールと参加はこちら▶︎ beachschool.com から。初めての方もお気軽にお問い合わせ下さいね!

ドジ井坂

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

ドジ井坂

ドジ井坂

ドジ井坂です。 全日本プロサーフィン選手権初代チャンピオン。日本人初の世界選手権出場、シェイパーとしても活躍し、1968年から世界のサーフィンを実体験し、40年以上にわたる指導経験から、入門書など多数。そのサーフィン基礎理論は、身体の動作研究にも及び、海のスポーツ特有の理論研究とそのトレーニング用具開発に進化している。

東京オリンピックに向け、サーフィンのトレーニングにスケートボードも導入し、日本人に適した動作感覚とバランスのシュミレーショントレーニング「ドジ井坂ジャパンメソッド」の普及活動を始めた。

もっと気軽にビーチを通年活用していくためのコミュニティ活動「ビーチクラブ構想」を国土交通省支援の下に立ち上げ全国13箇所で展開、一般社団法人ビーチクラブ全国ネットワーク理事長。海岸の様々な利活用に関する神奈川県や千葉県、地方自治体の委員を歴任。海や海岸のジャンルをも飛び出してしまう超マルチな活動を今も精力的に展開。1948年神奈川県茅ケ崎市生まれ。の今は「海オヤジ」。 ドジ井坂が開講するトレーニング講座はこちら!お気軽にお問い合わせ下さい→beachschool