「ハサミで切ったジーンズでサーフィンしていた」吉沢 悠のサーフィン思い出話(前編)

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


サーファー吉沢 悠

吉沢 悠のサーフィン思い出話、映画、今後のキャリア(前編)

美しい風景が物語を彩る 故 大杉 漣 主演のサーフィン映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード』(2005年)。この続編『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』が遂に公開される。自然と波にも恵まれる美しい島、サーフィンのメッカ 鹿児島県 種子島が舞台だ(関連記事:種子島を舞台とした話題の映画『Life on the Longboard 2nd Wave』が5月31日(金)から全国一斉公開!)。5月31日(金)公開となるこのサーフィン映画の主演俳優でサーファーの吉沢 悠が、サーフィンの思い出話、映画、40代となり俳優としての今後の展望について語ってくれた。


吉沢 悠

・ 40代になって毒っ気のある役が増えてきた

「今まで映像メインで来ていましたが、30代から舞台の機会が増え、年と共に役も変わってきています。爽やかな役が多かったけど、影のある毒っ気のある役が増えてきていて、40代となり今後そういった役にもどんどんトライしていきたいです。」

・映画タイトルから、ロングかと思ったらショートでした

「もともとロングボードに近い、8サイズの長めのミッドレングスをやっていました。で、今回の映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』というこのタイトルが ”ロングボード”だから役でもロングをやるのかと思い、台本を読ませて頂いたらショートでした。」

・8年ぶりのショートボード

「今回の撮影のためには8年ぶりにショートボードをやったのですが、楽しくなってしまい映画をキッカケにショートに夢中になりました。撮影が終わってからアルメリックのミニ5’5を新調しましたが、かなり良い調子です。普通のショートより浮力もあって乗り易いですね。ボトムターンしてふわーと乗っている感じです。」


ふわーと波に乗る吉沢 悠

・ハサミで切ったジーンズでサーフィンしていた

「サーフィンを初めたキッカケは高校生の時、昔バイトの先輩が海パンだけ持って来れば、ボードは貸すよと言われて行ったんです。でも台風後の湘南で、波はぐちゃぐちゃで(笑)。 全然できなくて悔しくて。丁度まわりもサーフィンブームでみんなでハマっていった感じです。」

「海パンも無くて、ハサミで切ったジーンズで海に入ったりしてとても重くて(笑)。 昔は教えてくれる人もいなかったので気合いでパドルしてました。板も重いし、ローカルに遠慮して入ってましたね。」

・ショートとセミロングを行き来しています

「はじめは先輩にボードを借りてショートボードをやっていて、20歳になるまでは電車通いでした。途中からセミロングに変えていたのですが、まわりに「そんな年寄り臭いの乗るなよ。」と言われてまたショートボードに(笑)。次はあるマウイの番組がきっかけで8サイズのボードを乗ってから再びセミロングになりました。」

「サーフィンは途中、行けなくなったりしていましたが長く続けています。海は湘南か千葉に行っていますね。」

・ショートボードとロングボードの違いや楽しさ

「板の性能も昔よりかなり良くなりましたね。ロングとはまた違う、ショートボードのドピークから乗っていく感覚が、僕にとってのショートならではの楽しさです。でもロングボードも気楽に乗ってロングライドできるので、ショートもロングも両方できるとまた楽しみが広がりますね。オンフィンのクラシックボードのとても重い板も、胸肩のパワーのある波に乗るとハマりますよね。自然と一体化するというか。また違った楽しさがあります。」

・サーフィンは非日常。0から違う自分で取り組める

「サーフィンの良いところは、仕事との切り替えができることですね。波に飲まれている瞬間も自分を解放できて、日常には無い楽しみがあります。やるときはしっかり仕事して、サーフィンで気持ちを切り替えリフレッシュしています。大変な役をする時って、内にこもってしまいどうすれば良いか分からなくなる時があるんです。でもサーフィンしてもまれて気持ちが切り替わって楽になる。で、また0から違う自分で取り組めるんです。メンタル的な影響はとても大きいです。」

「また、ずっと海沿いにいる人と話すと気楽で、「そっかー」みたいなノリが自分を救ってくれたりします。フレンドリーで、あまり難しく考え過ぎないようなノリが。」

以下、後半へ続く。
「こんにちは!」から始まり仲間になっていく。吉沢 悠の種子島サーフィン思い出話(後編)



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet