オーストラリアで木製サーフボードを削る日本人シェイパーJun Kurahashiのライフスタイル映像

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

オーストラリア サーフボードシェイパー
波と一体化できるサステイナブルな木製サーフボード

サーフボードブランド『Surferscountry』-Jun Kurahashi

オーストラリア イーストコーストの大自然の中、家族と暮らしながら魂の入ったサーフボードを日々削り生活する日本人シェイパーJun Kurahashi。削る板はシングルやツインフィンなどのクラシックボードがメインだが、自宅の庭に育ったキリの木を材料としてサステーナブルなウッドボードも削っている。

自宅の庭のキリの木とウッドボード
左:石川拳大 右:Jun kurahashiオーストラリア サーフボードシェイパー

東京で生まれ育ち、世界を旅して最終的にサーフィンの国、オーストラリアに移住。自身のサーフボードブランド『Surferscountry 』を立ち上げ、永住権取得後、2018年にはオーストラリアの市民権も取得して帰化している。

Surferscountryはバイロンベイに住むプロロガーのモトこと”斎藤久元”らもサポート斎藤久元

バイロンベイフェスティバルに出展したJun kurahashiのウッドボードシングルフィンオーストラリア サーフボードシェイパー

かつては女の子が生まれたらキリの木を庭に植え、結婚のときにタンスを作って嫁ぎ先に持たせるという風習もあったが、将来は木製サーフボードを娘のために作ると言う。自然と一体化できるウッドボード。乗り心地は最高だ。

日本人シェイパーSURFERS COUNTRY

海外でスキルを磨き、サステイナブルなサーフボードシェイパーとして活躍する ”Jun Kurahashi”のライフスタイル映像をどうぞ! Film by Keita Ikawa



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet