ガブリエル・メディーナが史上最年少20才でASPワールドチャンピオンに!そしてブラジリアン初の快挙

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ハワイ オアフで行われているビラボン・パイプ・マスター2014。ガブリエル・メディーナが年間ワールドチャンピオンに輝いた。しかも史上最年少20才で、ブラジリアンで初のチャンピンという快挙だ!

長く続いたデイオフが終わり、現地時間12月19日、R3から再戦した。ガブリエルとミックは勝ち上がったがケリーはアレホ・ムニー(BRA)のブザービータによってタイトル争いから脱落。ミックもR5の敗者復活戦でケリーを破ったアレホに敗退。その瞬間、ガブリエルのワールドチャンピオンが確定。ブラジリアンで初、20才という最年少記録で歴史を塗り替えた。これが新しい時代の幕開けになるのかもしれない。

決勝はメディーナがパーフェクト10ライドを叩きだすも、ジュリアン・ウィルソンが最後大逆転!接戦を制して優勝した。

ガブリエル・メディーナ 初優勝

素材使用元:ASP公式サイト


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。