『波の力を上手く利用すればサーフィンはできる!(後編)』基本ターン・特殊ターン・ドジ井坂ワンポイントアドバイス

ライター: ドジ井坂

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン

テイクオフを、サーフボードのターンの視点から考えてみる(後編)

ドジ井坂です。今回は、前編(『波の力を上手く利用すればサーフィンはできる!(前編)』パドリングターン)の続きです。

2)基本のターン

パドリングターンで、波の良いポジションからスピードに乗れれば、さらに波の高速ポジションにターンすることが出来ます。これが2番目の「基本ターン」なのです。高速道路でより良いポジションに車線変更するような、サーフボードをほんの少し左右に傾けるような軽い操作です。スピードがあるポジションにいるから出来るターンなのです。

この地味なよく見ないとわからない高速ターンで、さらにライディングを加速しています。この基本のターンは、トリミングターンとも言いますが、踏ん張っている動作では、この基本のターンは上手くできません。力んでボードがターン出来ないか、ターンが出来ないために上半身を振り回して失速することになります。基本のターンは、スピードを維持する、そして加速するためのターンなのです。

このターンの基本動作のトレーニングは、ドジ井坂のジャパンメソッドの陸上トレーニングで体験できます。バランススティックに乗って、力まない股関節からの柔らかい動作を体験してみれば、この基本のターンはとても繊細なターンの動作であることがわかります。バランススティックに乗って、左右へほんの少し体重移動する。そして次の瞬間にバランスがほんの少し崩れたら、腰を引いて元の姿勢に戻る。この動作のイメージは、海の中では一瞬の出来事なので、この動作を反復練習するためには、陸トレが効率が良いのです。

3)特殊ターン

・波の力を使ってボードと身体が一体となって動く過激なターン

ボードコントロール(ターン)で加速できたら、波のポジションを見極めてみなさんもやってみたい「特殊ターン」のアクションに入ります。シークエンスを見ればわかるように、このとんでもないアクションは、テイクオフから始まる基本のターンの積み重ねで加速したスピードに乗って出来るアクションです。

この高度なターンの動画を見て、いきなりその動きだけを真似ても上手くいかないのです。砂浜でもそんなアクションをしているサーファーを見かけますが、波の動きと同化したほんの少し左右への体重移動でボードをコントロールする加速のための基本のターン動作が出来るから、ショートボードの過激なアクションが出来るのです。

また、あの過激な「特殊ターン」は、身体だけがアクションしているのではなく、波の力を使ってボードと身体が一体となって動いているのです。波の力(動き)とボードの動き、そしてボードを操作するあなたの身体の動きは、動画で観る身体の動きの3分の1以下なのです。

基本のターンがわかってくると、この特殊ターンもボードを振り回す動作ではないことがわかります。ボードを急激に傾ける、そして次の瞬間に元のポジションに体勢を復元するターンの動作なのです。スピードあるアクションをよく見ると、ボードは大きく動いているのに、サーファーの身体だけを注視してみると、ボードと身体は一体となって動いているのがわかります。

ワンポイントアドバイス

テイクオフからのターンの動作には、パドリング動作の基本を見直すべきです。左右にボードを揺すりながらパドリング出来ると、この左右の揺れでボードの方向を変えられます。これがテイクオフでのパドリングターンの動作なのです。スピードに乗ったライディングの基本のターンは、実際に出来るようになれば、身体の軽い操作で十分なことがわかります。このパドリングターンと基本ターンは、やる前にそれがどのような動作なのか、陸上でシュミレーションして身体で覚えることです。

バランスキューブやバランススティックを使ってトレーニングすることで、外見の動作ではわからない、身体の中のバランスや動作感覚をかんじることで、自然に上手いサーファーの動作やアクションに近づくのです。身体がどのように反応すればよいか、その方法を身体が覚えていないと、いざ波の上で対応できませんね。上手く出来ない原因は、何かが間違っているということです。是非、陸上トレーニングでその間違いを見つけてください。

次回は、沖に出るためのゲッティングアウト、ドルフィンスルーについて話します。ドジ井坂の夜のトレーニング講座は毎週神田と辻堂で開催しています。

ドジ井坂ジャパンメソット

正しい理論に基づいた陸トレーニングは、ドジ井坂が開講している夜のトレーニング講座やクリニックで体験できます。※トレーニングスケジュールと参加はこちら→︎ beachschool.com から。初めての方もお気軽にお問い合わせ下さいね!

・テイクオフシート



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

ドジ井坂

ドジ井坂

ドジ井坂です。 全日本プロサーフィン選手権初代チャンピオン。日本人初の世界選手権出場、シェイパーとしても活躍し、1968年から世界のサーフィンを実体験し、40年以上にわたる指導経験から、入門書など多数。そのサーフィン基礎理論は、身体の動作研究にも及び、海のスポーツ特有の理論研究とそのトレーニング用具開発に進化している。

東京オリンピックに向け、サーフィンのトレーニングにスケートボードも導入し、日本人に適した動作感覚とバランスのシュミレーショントレーニング「ドジ井坂ジャパンメソッド」の普及活動を始めた。

もっと気軽にビーチを通年活用していくためのコミュニティ活動「ビーチクラブ構想」を国土交通省支援の下に立ち上げ全国13箇所で展開、一般社団法人ビーチクラブ全国ネットワーク理事長。海岸の様々な利活用に関する神奈川県や千葉県、地方自治体の委員を歴任。海や海岸のジャンルをも飛び出してしまう超マルチな活動を今も精力的に展開。1948年神奈川県茅ケ崎市生まれ。の今は「海オヤジ」。 ドジ井坂が開講するトレーニング講座はこちら!お気軽にお問い合わせ下さい→beachschool