ドイツ内陸都市ミュンヘンでの『リバーサーフスポット』プロモーション動画

ライター: Jay

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

先のサッカーワールドカップ2014で優勝したドイツ。そのドイツ南部に位置するバイエルン州・ミュンヘンは大都市であるもののオーストリアと接した内陸都市で海とは無縁。しかし!!そんなミュンヘンにも極上のサーフスポットが!?

これは街を流れるイザール川の流れを軽減しようと支流をつくった時に”偶然”、波が生まれたらしい。川の名前は”アイスバッハ”。訳すと”氷の川”となり名前の通り、かなり冷たい水が流れているという。こちらのリバーサーフムービーではサーフウェアやスノボウェアを扱う大手ブランド、オニール(O’Neill)のアンバサダー3名が集う、アイスバッハのプロモーション映像となっています。

日本でもこのアイスバッハのように日本の河川が観光スポットとして脚光を浴び、リバーサーフシーンが盛り上がればいいのになぁ、と願わんばかりです。

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Jay

Jay

20代♂。OAKLEYのアイウェアをコレクト中。最近のイチオシアーティストはKendrick Lamarと水曜日のカンパネラ。