スリランカ東海岸 魅惑のスポット『アルガンベイ』サーフトリップ紀行(後編) 野生動物にご注意を!

ライター: shinji_dog

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

『アルガンベイ』サーフトリップ

スリランカ サーフトリップ紀行(後編)

<Index>
(前編)
1.アルガンベイの波質とサーフシーズン
2.サーフポイントへのアクセス方法
-.Tuk Tuk (トゥクトゥク)
-.レンタルスクーター
-.ジープやレンタルカー
3.宿泊施設と現地の食事
-.お酒について

(後編)
4.野生動物にご注意を!
5.治安について
6.Misfit Shapes による おすすめスリランカサーフムービー

前編の続きとなります。
・前編:スリランカ東海岸 魅惑のスポット『アルガンベイ』サーフトリップ紀行(前編)

4.野生動物にご注意を!

スリランカ サーフィン

スリランカには数多くの野生動物がいます。トゥクトゥクに乗ってサーフポイントに向かう途中にはバファローの群れや、牛、犬に猫はもちろん、猿や様々なタイプの鳥類。早朝と日が暮れる頃に運が良ければさん達にも出会えますが、くれぐれもご注意を!というのは可愛いからといって近づきすぎると普段はゆっくり歩きで大人しそうですが、危険を察知して襲ってくる可能性もあります。彼らが本気で走ればトゥクトゥクなんて追いつかれます。笑 そして浅瀬のラグーンにはクロコダイルもいますのでへたに近づかないように。彼らは身を潜めて獲物を狙っています。数年前に男性がラグーンの側にトイレのあと水辺で手を洗っていたところ、クロコダイルに襲われ死亡しております。

・詳しくは→スリランカの人気サーフスポット近くでワニに襲われ死亡する事件発生

スリランカ サーフィン

5.治安について

本当にここ最近の話になりますがスリランカでは内戦が起こっており、1983年〜2009年にかけ26年にわたる内戦は終結。現在は基本的には安全な国ですが、スリなどが多発しています。特に女性1人での行動は気をつけて下さい。

Misfit Shapes による おすすめスリランカサーフムービー

Stab Magazine で紹介されている、スリランカはアルガンベイエリアでのあらゆるライトハンドポイントでのサーフィン映像が紹介ですが、これは私のお気に入りのムービーでスリランカ1ヶ月の滞在中、10回以上は観ておりました!笑

オーストラリア Misfit Shapes(@misfitshapes) より『THE ‘BEACH METALL’ TWIN』。Nick Rileyのスムースなライディングに釘付けになります。

そしてこちらは同じくMisfit Shapesによる『’LIVES ~SEASON 2-EP.1』。7月〜9月のスリランカ、アルガンベイのハイシーズンの時期はとても忙しく、海の中は激混みパーティー状態。ビギナーが多くとても危険な時もありますのでソフトなボードが必要かも 笑。

そしてこちらEP.2も合わせてどうぞ。きっとあなたもファンウェーブなスリランカに行って観たくなるのでは!?

ニュージーランドの生活などをインスタグラムでアップしておりますので @shinji_dog もフォロー宜しくお願い致します!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shinji

shinji_dog

オーストラリア、インドネシア、フィジーを旅をし、ニュージーランド北島にあるマウントマウンガヌイに移住する。永住権を取得しサーフィンライフを通してここマウントマウンガヌイをベースにニュージーランドの魅力を伝えていけたらと思います。 ニュージーランドでの日常をこちらインスタグラムにアップしていますので 是非フォロー宜しくお願い致します!!→@shinji_dog