カイ・レニーがスノーボードの板でスノボーサーフに挑戦!

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

未来の可能性を広げるジェットスキーでなくSUPを使用したナチュラルサーフィン

ハワイ マウイ島出身のカイ・レニー(Kai Lenny)。ビッグウェイバーでもあり、SUPなど幅広くこなすウォーターマンだ。最近ではハイドロフォイルボードでエアーを決めたり、彼女とのタンデムサーフィンを披露(カイ・レニーがハイドロフォイルボードで彼女とロマンチックな2人乗りタンデムサーフを披露)。

そして今回はなんと、スノーボードの板でサーフする映像を公開。フランスのサーフタウン ホセゴー(【サーフトリップ紀行】フランスのサーフタウン『ホセゴー』)で、ホセゴーローカル、フレッドの協力の元に決行。フレッドは前々から大きなSUPボードから、小さなボードに乗るこの発想について長い間考えていて、それにカイが共感し今回のチャレンジに至りました。

小さなスノーボードの板を履いて大きなSUPに乗り、そこから飛び降りてスノーボードサーフするという難儀に、はじめのうちはフレッドに補助をしてもらい波に乗るカイ。しかし後半は自分1人でSUPを漕ぎ、波に乗るまでに!もちろんフィンも付いていないフィンレスなので乗った後のボードコントロールもかなり難しいはずです。ジェットスキーにも頼らない人間の力のみで波に乗れるナチュラルなサーフィン、そして乗り心地はフォイルボードにも似ていて、スノボーのターンにも近かったというこの企画にカイもとてもエキサイトしたとコメント。自然環境にも良く、エコ的にも可能性を広げるチャレンジとなりました。

映像は以下よりどうぞ!様々な発想の掛け合わせでサーフィン、横ノリスポーツの可能性を広げるカイ・レニーに今後も注目です!

 

View this post on Instagram

 

World Surf Leagueさん(@wsl)がシェアした投稿



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。