波乗りジャパン大健闘!五十嵐カノア 準優勝 & 村上舜 4位!ISA World Surfing Games

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


優勝の サンティアゴ・ムニーツ(アルゼンチン)

ISAで日本が初のメダルを獲得

愛知県 伊良湖 ロングビーチを会場に開催中の『ISA World Surfing Games』。9/19(水)DAY4 男子個人のファイナルデイ 。Round6では日本代表の五十嵐カノア村上舜 が対戦し、村上舜は敗者復活戦(リパチャージラウンド10)にまわったものの、しっかり勝ち上がりファイナルで再び対戦(関連記事:『五十嵐カノア & 村上舜』波乗りジャパン快進撃のISA World Surfing Games【Round6ハイライト映像】)。

ファイナルは、五十嵐カノア、村上舜、サンティアゴ・ムニーツ(アルゼンチン)、ルーカ・メシナス(ペルー)ら4名の対戦となった。序盤、五十嵐カノアが7.67pを出し試合をリード。波数も少ないこともありそのまま優勝へと突き進むかのと思われたが、なかなかバックアップスコアが伸びない。Round6でカノアに敗れているサンティアゴ・ムニーツが7.90pのハイポイントを出し逆転。バックアップスコアも気迫みなぎるライディングで6.73pと伸ばし、その勢いのまま優勝を勝ち取った。惜しくも優勝は逃したものの、五十嵐カノアは2位、村上舜は4位と大健闘の結果。54年ISAの歴史上、日本は初のメダル獲得となった。

五十嵐カノアはこの大会1番の注目を浴びるスター選手というプレッシャー中での準優勝。村上舜もこの大舞台で素晴らしいライディングを披露し4位と大健闘の結果となった!明日の団体サーフィンリレー『アロハカップ』へと続く。Go JAPAN!!

・関連記事:『五十嵐カノア・大原洋人・村上舜・黒川日菜子』日本代表選手の活躍をイッキ見!ISA World Surfing Games DAY3ハイライト

ISA Liveや結果詳細は以下よりどうぞ!
https://isasurf.org/wsg/2018/es/live/?id=jp

https://isasurf.org/wsg/2018/es/results/



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。