『私たちは常に海と繋がっている』コロナビールの海からゴミを無くそうとする環境活動

ライター: Nachos

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

私たちは常に海と繋がっている
mexico sayulitaのビーチ

お馴染みの黄金色に輝き瓶にライムをさして飲むスタイルが印象に残るコロナビール。メキシコ原産のビールで正式名称はコロナエキストラといいます。私もメキシコにサーフトリップへ行った際は随分とコロナビールにお世話になりました 笑

コロナエキストラは、つい最近まで世界有数のライトのポイントブレイクでも有名な南アフリカのJ-Bayで行われていたCT6戦“CORONA Open J-Bay”でのメインスポンサーをしたり、日本でも話題を呼んでいる大人気のビーチ音楽フェスを主催したりと、海と関わり深く接しビーチを大切にしています。

私たちは常に海と繋がっている
世界で最も飲まれているリゾートビールCorona Extra公式HP

プラスチックのないビーチへ。コロナは2020年までに100の島を守ります

コロナエキストラは2015年ビーチの環境保全を行っているNPO団体 Parley for the Oceans(パーレイ・プレイ・ジ・オーシャンズ)とパートナーシップを結び、海からゴミを無くそうという環境活動をスタートさせています。海に漂流しているゴミの9割近くはプラスチックやペットボトルだと言われていて、世界で使われているプラスチックの8割以上がリサイクルされていないという現実があります。

そしてコロナエクストラは2017年5月以降、2020年までに100の島を保護するプロジェクトをスタート。ブランドのすべての事において“フリープラスチック”の理念を導入して世界中で行われているプロモーション等でプラスチックを使用せず、例えば冷たいビールを提供するのもポリバケツではなく金属製バケツを使用するなどしています。

なるほど!あのバケツね!と思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?私たちは常に海と繋がっている

CT5戦 異例のイベント名変更

記憶にも新しく残る2018年5月バリ島クラマスで行われたCT第5戦の異例の大会名の変更。イベント開催される直前まで”Corona Bali Pro”でしたが開催直前に“tected”が付け加えられ”Corona Bali Protected”に変更されました。

私たちは常に海と繋がっている
WSL 公式HPより

変更の背景としては WAVALでも何度もお伝えしているバリ島の深刻なゴミ問題。“Protected=保護”という言葉をイベントの名前に入れバリ島のプラスチックなどのゴミによる海の汚染問題を定義し、少しでも世界の人々に知ってもらうために変更されました。”Protected=保護”という言葉をイベント名に使うのはWSL初でもあり、全プロスポーツの中でも異例のことだそう。それほど注目すべき事ということだという表れなのでしょう。

イベント開催中は WSL・ Corona ・Parley for the Oceansの3団体が中心となりビーチクリーン、WSLの選手たちによるトークショー、会場でのプラスチック製品を使用しないなど様々な活動が行われていました。

海との関わりが深いサーファーにも海水汚染は間接的に、直接的に影響を与える深刻な問題です。こうした大きな団体が動くことはとても素晴らしいですよね。今回の件でまた自分たち個人でも綺麗な海をビーチの大切さそしてその美しさを守っていきたいなと思いました。

ベルズに引き続き今回も行われたCorona Highlineというスペシャルヒート。Parley for the Oceansが提供するプラスチックからリサイクルされたジャージ、サーフボード、フィンを使用しています。そんなクラマスでの『Corona Highline』の動画はこちら

炭酸水を安価に作れてペットボトルゴミを無くしたい人に!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Nachos

Nachos

海の近くで育ちボディーボードに魅了され今ではボディーボードに限らずいろんな板を楽しみながらフリーランスエディターとして活動中。ビーチライフを楽しみながらボードを片手に旅に出る。そして旅好き、Bikini好きが高じて海外Swimwearなどのデザインも手掛けるように。 最近ではサーフガールやシングルフィンを優雅に乗るロガーなどクローズアップした水中写真含め Saltybabephotographer (水中サーフカメラマン) として国内外で奮闘中
・Instagram→@nachos.san