サーフドキュメンタリー『スマトラ島-自由を求めたサーファーの旅』先行上映会&トークショー開催!100名まで参加可能

ライター: WAVAL

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

吉川広夏

現代版エンドレスサマー リアル・ロードムービー『スマトラ島-自由を求めたサーファーの旅』

サーフドキュメンタリー『スマトラ島-自由をもとめたサーファーの旅』の先行披露上映会に開催される(参加可能数100名、参加費 無料)。日本を代表する3人のサーファー(佐藤魁吉川広夏高貫佑麻)がまだ見ぬ波を求めるロードムービー。話題の脇田貴之 出演『WAKITA PEAK』の監督でもある 清野正孝 監督 の作品だ。

清野正孝 監督が、3人の日本トップサーファーによるスマトラ島サーフトリップに同行取材したものとなる。波を求める旅の道中、仲間で助け合ってトラブルを乗り越えていくことで強まる絆を描いている。

3人のサーファーによるリアル・ドキュメンタリー・ロードムービー

『スマトラ島-自由を求めたサーファーの旅』
– 出演:佐藤魁 吉川広夏 高貫佑麻

概要:まだ見ぬ波を求めて!”知らない世界に飛び込む。

それは、誰にとっても不安なことであり、同時に憧れでもあります。インドネシア共和国 スマトラ島。日本を代表する3人のサーファーが、まだ見ぬ波を求めて旅に出ます。期待を胸に。しかしそこで遭遇する文化のギャップ。日本では当たり前のことが、ここではそうではありません。体調を崩した佐藤魁は、スマトラ島の病院で不安な夜を過ごします。それは、その国を知らない我々にとって絶望的な体験でした。

地元のローカル達との交流の中から彼らの国が直面している問題に気がついたのは、国際環境NGOのsurfrider foundationアンバサダーの高貫佑麻でした。グローバル化の波の中に、自然のサイクルの中で生きて来たスマトラの文化に、自然に還ることのないプラスチックのゴミが紛れ込んでいました。自然と文明との共存とは。佑麻はあることを思いつきます。

旅が教えてくれたものは、なにもネガティブなことばかりではありません。人は知らず知らずに何かを求め、探すもの。それが何か?を知ることもその一つです。吉川広夏はこの旅で、ローカルに助けられ、友に助けられ、ようやくそれを手にすることになります。まだ見ぬ波。いいえ、本当の宝物は、もっと別の物だったのです。

知らない世界に飛び込んだ3人のサーファー。知ることは、受け入れるということ。知らない自分を知るため、旅に出よう!

先行上映会&トークショー詳細&申込先

・開催日時:2018/7/5(木) 19:00~ 20:45
・イベント受付開始時間:2018/7/5(木) 18:30~
・場所:東京ガーデンテラス紀尾井町ヤフー株式会社
・参加費:無料
・参加可能人数:100名まで

【スケジュール】
19:00〜19:10: 監督・キャストのご紹介
19:10〜19:45: 作品上映
19:45〜20:35: トークショー
20:35〜20:45: Q&Aコーナー
20:45:終了予定

日本を代表する3人のサーファー(佐藤魁、吉川広夏、高貫佑麻)。まだ見ぬ波を求めるロードムービーをキャストと鑑賞。先行試写会への申し込みは以下よりどうぞ!↓
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)