【アンディ アイアンズ&坂口憲二】タヒチ サーフィンセッション動画

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ハワイのカウアイ島出身のアンディ・アイアンズ(Andy Irons)は3度もワールドチャンピオンに輝き、更なる活躍が期待されていたが2010年11月32歳の若さで亡くなった。

アンディはヨーロッパで体調不良を訴えたが次のイベント開催地、プエルトリコへ移動。しかしやはり体調がすぐれず棄権して地元ハワイへの岐路途中、ダラスのホテルで亡くなっている。死因はデング熱報道であったり、精神安定剤の過剰摂取が原因など色々と言われているがはっきりとした真相は明らかになってはいない。

アンディのサーフィンはサーフスキルだけでなく、サーフィンスタイルもスタイリッシュでカッコ良く憧れの的だった。坂口憲二とアンディ・アイアンがタヒチ島のチョープー(TEAHUPOO)でサーフセッションを行った映像がある。アンディのスタイリッシュなサーフィンと、今見るとちょっぴり切なくなる感動的なインタビュー。

アンディはインタビューでこう語っている。

『サーフィンは人生そのもの。最高のライフスタイル。
夢は幸せでいること。長生きしてたくさんの子供達と妻と人生を生きる事。僕の夢はシンプルだよ。サーフィンしてハッピーに素敵な人生を送る事。そして健康で長生きすること。』

そしてアンディの名言に以下のようなものがある。

『他人がどう思うか、何をしているかなんて関係ない。とにかく、まずは自分が楽しみながらやるしかないからね』

幸せとはこういうシンプルなもの。今でもアンディーからたくさんの事を学ばせてもらっている。多謝。

Rest in peace Andy Irons forever!

タヒチ島でのセッション動画をどうぞ。

アンディー・アイアンズ 坂口憲二

アンディー・アイアンズ 坂口憲二


あなたにとってサーフィンとは何ですか?

アンディー・アイアンズ 坂口憲二

アンディー・アイアンズ 坂口憲二

アンディー・アイアンズ 坂口憲二

アンディー・アイアンズ 坂口憲二


夢は何ですか?

アンディー・アイアンズ 坂口憲二

アンディー・アイアンズ 坂口憲二

アンディー・アイアンズ 坂口憲二

アンディー・アイアンズ 坂口憲二  アンディー・アイアンズ 坂口憲二

 

– Andy Irons Forever In Our Hearts –

人気記事

サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業、ベンチャー企業へ
サーフィン サユリタ

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。