『イスラエルのスケートシーン』シーンを盛り上げカルチャーを創るには

ライター: WAVAL

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

“サーフィン”


・マイク・バレリー@イスラエルのスケートボードパーク

サーフィンカルチャーと密接にリンクしているスケートボード。今回はスケーターでも、そうでなくても存分に楽しめるお勧めフィルム「DRIVEシリーズ」ご紹介。プロスケーターマイク・バレリー(Mike Vallely)が世界を旅して、自分のルーツであるスケートボードを通じて様々な人種の様々な人生観に触れていく。観る人に感銘や気付き、新たな力を与えてくれるドキュメンタリーフィルム。

マイク・バレリーはスケードボードスキルだけでなく、カルチャー、スタイル、バリュー…スケボーカルチャーの裾野を広げるため、プロの自分にできることを突き詰め、高く広い視点でスケートボードと正面から向き合うカリスマ的プロスケーターだ。*マイク・バレリーとは▶︎

スケボーの神トニー・フォークや南アフリカの子供たち、障害を持つスケーター…様々な立場のスケーターとスケボー&トークセッションを繰り広げる。兎に角この作品を観たらすごく影響を受けるだろうし、スケーターでなくても新たなインスピレーションを受けるはずだ。今回は数あるエピソードの中で『DRIVEシリーズ#7 イスラエル編』のサマリーをマイク・バレリーのコメントと共にご紹介!

*2月17日(土) 16:07 〜 20:00
『マイク・バレリー』DRIVEシリーズの無料視聴はこちら▶︎マイクバレリー主演DRIVEシリーズ #1~8

『マイク・バレリー』DRIVEシリーズ イスラエル編

・自分で直接体験しなければ本当に価値ある情報に触れることはできない

「人は物事の上部や間接情報を鵜呑みにしてしまう。メディアの取り上げ方がそのまま個人の考え方になってしまう。スケートボードは反抗的、若者が無茶をするという印象で取り上げられてきたがそれは違う。それが全てでない。新しい視点が貴重な経験と学びをもたらす。実際に広い世界に出て、自分で直接体験しなければ本当に価値ある情報に触れることはできない。だから行く。物事を正しく判断するために。」

「イスラエル、約束の地であり、聖なる場所だ。移民と巡礼者の国。ホロコーストから立ち上がった戦闘国家でもあり、中東の混乱の中心である。度重なる宗教対立や領土紛争で常にニュースになっている。ニュースによる良いイメージはあまりないが、実際は美しい人たちが住む美しい国だ。テレビの情報は事実であっても一部分にすぎない。」

・スケートボードはただの道具ではない。創造的で、自己表現できるもの。

「スケートボードはただの道具ではない。もっと創造的で、自己表現できるものだ。だからみなボードに触りたがり、テクニックを見たがる。そして会話が始まる。そうやって通じ合うことができて、スケーター同士以外の自分が触れ合う全ての人と会話する共通基盤。イスラエルのスケーターもスケートを通じて自分自身を表現している。」

・シーンを盛り上げカルチャーを創るには、まず多くの人に知ってもらい、来てもらうことが必要だ

「イスラエルのスケートシーンは確実に発展している。しかしニュージーランドなどのスケート先進国に比べて問題も多い。スケーターがスポンサーを受けれる様になれば子供達もプロスケーターを目指すかもしれない。そのために、まずは多くの人に知ってもらい、来てもらうことが必要だ。イスラエルのスケート人口は増え続けており、世界のスケーターに注目されだしている。」

以下は10年以上前にとある金持ちが自分の子供の為に作れられたスケボーパーク”リサクオーターパイプ”。数年前にスケーターの子供たちによって発見された。

*DRIVE Episode 7  – より マイク・バレリー コメント

今回アベマTVスポーツチャンネルで『マイク・バレリーDRIVEシリーズ』が無料放送される。この機会をお見逃しなく!

『マイク・バレリーDRIVEシリーズ』無料視聴

*2月17日(土) 16:07 〜 20:00
無料視聴はこちら▶︎マイクバレリー主演DRIVEシリーズ #1~8


●マイク・バレリー(Mike Vallely)とは:

1970/6/29生 ニュージャージー州エジソン出身。1986年にPowell Peralta(パウエルペラルタ)に才能を見い出されアマとしてスポンサー契約を結ぶ。翌年の1987年にはプロスケートボーダーデビューを果たす。その後ロドニー・ミューレンらが立ち上げたワールドインダストリーに移籍。その後もニューディール、TVスケートボード、パウエル、ブラックレーベルと様々なチームを渡り歩き、現在は自身のスケボーブランド『STREET PLANT』を立ち上げている。バーティカルランプのトリックを、身近な路上でのスケートスタイルに持ち込み進化させストリートスタイルというスケートボードの新たなスタイルを創った。SK8以外に俳優、音楽バンド、プロレス、プロアイスホッケーなど多彩な経歴を持つ。

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)