中塩佳那(13才) 2020年への意気込みを語る!NTTドコモ Style’20 リリース

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

中塩佳那

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、着々と準備を進めているアスリートがいる。13才の中学生サーファー、中塩佳那選手が2020年に向けて意気込みを語る『NTTドコモ Style’20 中塩佳那 篇』がNTTドコモから新年早々にリリースされた!

中塩佳那は宮崎県お倉ヶ浜で開催された『VISSLA ISA WORLD JUNIOR SURFING CHAMPIONSHIP 2017』では日本代表で出場し、U-16ガールズで世界9位となった。スキルのみならず、コンテストでも勝負勘も強く安定感も増している。日本の女子でトップクラスの実力派若手サーファーだ。(詳しくは▶︎安室丈が日本人初の個人戦金メダルを獲得!上山キアヌ久里朱が3位!『2017 VISSLA ISA 世界Jrサーフィン選手権』ファイナルデイハイライト動画

中塩佳那

・「海に入っていて、夕日が落ちる瞬間はとても綺麗で、入っちゃダメって言われても入ります」笑—

現在13才の中塩佳那は、父や兄(現役プロサーファーとして活躍中の中塩裕貴)のサーフィンを見て興味が湧き、5歳の頃からサーフィンをはじめたという。仙台から震災をきっかけに千葉一宮に移住した。

中塩佳那

「上手い人でも良い波に乗らないと負けるし自然相手だから楽しい。」「一宮でやるんだったら金メダルを獲りたい。」とサーフィンの楽しさや意気込みを語る。『NTTドコモ Style’20 中塩佳那 篇』は以下よりどうぞ!

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!