東京から3時間。宮古島 週末アイランドサーフトリップ。5つの心得

ライター: 清宮佑美

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

清宮佑美 サーフィン 宮古島3

日本のアイランドサーフトリップといえば、新島や奄美大島、沖縄本島などメジャーポイントを思い浮かべる人が多いかもしれません…私もそうでした。

宮古島でサーフィンが出来ることを知ったのは去年。友人が宮古島にハマって足繁く通っているのを聞いて私も一緒に連れて行ってもらいました。そこから私も一瞬にして宮古島の虜になりました。この島の魅力に気づいて移住する人が多いのにも納得。宮古ブルーと呼ばれる宝石のような色の海と 極上のリーフブレイク 宮古の人の暖かさ。私も宮古島が恋しくなり5ヶ月振りに訪れました。

羽田から直行便で3時間。週末の2泊3日で十分楽しめる身近なアイランドトリップへ。ここでは、私なりのアイランドサーフトリップの心得を5つばかりご紹介したいと思います。

清宮佑美 サーフィン 宮古島7

1. アイランドタイムのサーフィン

まず大事なのは潮見表のチェック。本島のビーチブレイクのように好きな時間にサーフィンができないということ。干潮になるとリーフがむき出しになってしまうので 満潮から前後2時間程度しかサーフィンが出来ません。潮回りをよくチェックしておかないとNO SURFとなってしまうこともあります。運が良ければ2、3ラウンド出来ることもありますが大抵の場合1ラウンドなので集中してサーフ!

小潮の場合干潮と満潮の差が少ないので、満潮時でも浅いことが多いので注意しましょう。逆に、大潮の場合は厚みが出てメローな波になるそうです。そこまで考慮してトリップの計画が立てられると良いかもしれません。

普段、波があれば1日中サーフィンしてしまうサーフホリックなサーファー達にはサーフィンが出来ない状況は逆に良い機会かもしれません。宮古島はサーフィン以外にも魅力がたくさんあるのでゆっくりとアイランドタイムを楽しみましょう!

清宮佑美 サーフィン 宮古島5

2. 波情報の無い島の情報源

波情報もポイントガイドもないのでどこでサーフィンしたらいいか分からないというのが本音。そこはまず飛び込みで行ってローカルの人たちから情報収集を得ることが1番。宮古島に何軒かあるサーフショップに行ってみるのも良し。宮古島でサーフガイドをしているRAT SURFの池間さんにサーフガイドを頼むのも良し。一見波が良さそうに見える場所も浅過ぎて入れないポイントだったり、離岸流など潮の流れに気をつけないと岸に戻って来れないポイントだったり危険もいっぱい。ほとんどネットに情報が出てないからこそ自分の足で訪ねて、コミュニケーションを取って仲良くなったら、もしかしたらシークレットポイントにだって行けるかもしれません。

清宮佑美 サーフィン 宮古島4

3. ベストシーズンは?島ならではの極上リーフブレイクを堪能

年間を通じてサーフィンを楽しむことができるそうですが、ベストシーズンは冬の11月〜3月くらいだそう。風向きによって出来るポイントも変わってくるので潮回りのタイミングも併せてサーファーがみんな集まってきます。それでも千葉や湘南のようなストレスを感じる程の混雑とは無縁。仲間内だけで貸し切り!なんてことも多々あります。波が小さくてもパワーのある張ってくる波でロングライドも出来るしベストシーズンを外しても十分楽しめます。

サイズが大きくなってくると慣れない掘れたリーフブレイクに腰が引けてしまうくらいです。自分のスキルを十分理解した上で無理なくトライしましょう。波が小さい時なら初心者でも楽しめますが、ゴツゴツしたリーフで怪我の恐れもあるのでリーフブーツ、タッパー、スプリングなどのウェットスーツの着用をオススメします。

またリーフに引っ掛かってリーシュコードが切れてしまうこともあるので、普段使っているリーシュコードよりも太めの物を持参すると良いと思います。

・リーシュコード関連記事:サーフィン リーシュコードの劣化事故・選び方・交換時期・点検/保存方法

清宮佑美 サーフィン 宮古島6

4. 宮古島は鮫(サメ)の楽園!?

宮古島のサーフシーンに切っても切れないのが鮫の話題。珊瑚礁に囲まれた遠浅なビーチから突如10m近く深くなっていたりと豊富な餌と鮫の住処としては最高なようで実際に現地で鮫の被害に遭ったニュースや目撃情報などを耳にしました。

少量の血の匂いで鮫が寄ってきてしまうので擦り傷程度でも出血したらすぐに海から上がる。女性は生理の時は海に入ることを避けましょう。海が濁っている日も危険です。鮫に刺激を与えない為にも派手なカラーの水着ではなくなるべく肌に近い色の水着を着用する、 海に入る時は2人以上の大人数で入るようにする。これらのことに注意して地元の人に鮫の出没スポットを聞いて回避するようにしましょう。

砂山ビーチなどは鮫の被害が多々報告されている場所ですね。基本的な鮫の知識を頭に入れておくといいでしょう。とは言え宮古島ローカルの人達でも実際に鮫を見た事は一度あるかないかくらい。気構え過ぎずリラックスしてサーフィンを楽しんでください!

・サメ関連記事:【シャークアタック】サメに遭遇したら心がけたい5つのこと

清宮佑美 サーフィン 宮古島

5. ローカルへのリスペクトを忘れずに

どこに行ってもローカルへのリスペクトを忘れずに行動することが1番大切だと思います。宮古島ローカルの人たちはないちゃー(本土の人)に対してとてもウェルカムに暖かく迎えてくれます。だからこそ、海で会ったら挨拶をして声を掛けてリスペクトを示すことが必要だと思います。

まだまだ未開拓な宮古島のサーフスポットを皆さん大事にしています。SNSなどへのタグ付けはしないなど配慮をしましょう。実際に島を訪れてみてローカルと仲良くなり、初めて知れることや経験はたくさんあります。検索したらすぐに出てくるネット社会の便利な世の中に反して、宮古島はいつまでもローカルに愛され守られた場所であって欲しいと願います。

そんな心と心を通わすことのできるアイランドサーフに私はとても魅力を感じるのです。日々忙しく過ごす皆さん、ゆっくりとした時を味わえる週末のサーフトリップに宮古島へ訪れてみて下さい。

清宮佑美 サーフィン 宮古島2

・宮古島関連記事:白砂に囲まれた静かで美しい島『宮古島の離島”来間島”』



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

清宮佑美

清宮佑美

10代の頃より波乗りを始め、同時にサーファー向けファッション雑誌『fine』の専属モデルを8年間務める。芸能プロダクション ホリプロでTVやラジオ、映画など幅広く活動し 2017年3月をもって10年間所属したホリプロを辞めフリーになり再スタート。
今後は海が好きな女の子の為のプロジェクト TOKYO SELSEA PROJECT(トウキョウ セルシー プロジェクト)の代表として メディアだけに限らず サーフシーンのキーパーソンになれるよう活動を続ける。
・チバテレビ 毎週土曜18:05〜生放送「熱血BO-SO TV」レギュラー、GoProアンバサダー
・清宮佑美 instagram: instagram/yuumi_seimiya
・TOKYO SELSEA PROJECT instagram: instagram/tokyo_selsea_project
・blog: ameblo/seimiyayuumi