サーファー専用SNSアプリ「goFlow」の使い方

ライター: AtsushiTada

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

先日、紹介したサーファーSNSアプリ「goFlow」の使い方を簡単に紹介したいと思う。
既に利用しているかたはご存知かもしれないが、シンプルなUI(デザイン)は初めて使ってもわかりやすく、サーファー自身が作り上げたアプリなのでアイコンなどもサーファーなら人目でわかるというUX(簡単にいうと使いやすさ)で最高のアプリケーションといっても過言ではないでしょう。
アプリについて詳しくはこちら↓
波情報を最速でチェック&シェア!サーファー専用SNSアプリ「goFlow」

では、この”goFlow”の使い方をご紹介しよう!

ログイン・会員登録

会員登録、ログインは既存のSNSと連係が可能でFacebookアカウントがあれば簡単に登録、ログインが可能。instagram、tumblr、twitterなどのSNSとも連係が可能であり、普段使用しているSNSと連係して情報をアップができる。


■フレンド、スポットの探し方

サーフスポット、フレンドは画面下部の「Explore」ボタンより検索可能。初期の登録時のチュートリアルにてレコメンドフレンド、スポットを紹介してくれるので気になるサーファーはフォローしてみましょう。スポットは近くスポットを表示してくれるので探しやすい。また、行きたい、行ってみたいスポットも検索して登録しておくとスポットの近日中の様子を簡単に確認することができる。フレンド限らず情報が公開されている世界中のサーファーとつながることができるため、世界中の生の波情報やサーフ情報を見ることができます。


■写真アップ方法、フィードの見方

波をモチーフとしたアイコンが特徴的な画面下部の中央ボタン「Report」が写真アップボタンとなり、メインに使用する機能となるでしょう。特徴的なのが写真アップ時(skip機能でコメントのみも可能)に波の状態を4段階で評価することができる機能だ。評価以外にも波の高さや、ウェーブの状態、混み具合など細かな情報もアップできる。

フィードではアイコンと色分けで、ひと目で波の状態の良し悪しを見分けることができる。どれも視覚的にわかりやすいイラストなので非常に使いやすい。基本的なSNSと同様にLike、コメント、シェアができるので行きつけのスポット情報がフィードに流れたらフレンドにシェアできる。


■スポットページの便利な使い方

スポットページに行くと今日の気温、風速、波の状態が確認できます。詳細ページ(気温、風速あたりをタップ)では曜日別、時間帯別の細かいデータ閲覧可能。天気予報と照らし合わせれば週末の波の情報も予想できてしまう。また、スポットページでは実際に行ったユーザー達のフィードが確認できます。


うん、すばらしい!サーファー限定になっているので、ほしい情報満載なのがたまらないです。みんなでリアルタイムな波情報をシェアしよう!

参照元:goFlow

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

TadaAtsushi

AtsushiTada

WAVALと出会い30才にて初心者サーファー。WEBディレクターやりながらライティング、アクセス解析、UI/UXデザイン、などなど幅広く浅く。初心者でも楽しく、安全にサーフィンを楽しんで上達(自分も)できるよう勉強、練習中。基本自分への戒めとなっている記事を書いてるものが多い。