ブレイク・ライブリーも絶賛!サーフィンの名所『ロード・ハウ島』

ライター: nami

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

Nancy (Blake Lively) in Columbia Pictures' THE SHALLOWS.

映画『ロスト・バケーション』主演ブレイク・ライブリーも絶賛!サーフィンの名所『ロード・ハウ島』とは?

2016年7月に公開されたのブレイク・ライブリー主演のサバイバル・アクション映画『ロスト・バケーション』。サーファーで医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)がバケーションを利用して訪れた秘境の島。目の前に広がるのは、大きな太陽に照らされて輝く砂浜、人がいない真っ青な海。日常を忘れ、ひたすら波と戯れるナンシーの至福の時間は、“海のモンスター”のアタックにより一変!脚を負傷しながらも無我夢中で近くの岩場にたどり着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。スピルバーグの傑作『JAWS/ジョーズ』以来の“本格的サメ映画”との呼び声高い本作!海の上にたったひとり、極限の中でヒロインは生き延びられるのか――?

2016年7月23日に全国ロードショーされた映画「ロスト・バケーション」だがDVDでも販売が開始された!


・『ロスト・バケーション』詳細とトレイラー動画付き記事
映画「ロスト・バケーション」トレイラ―

本作で主人公・ナンシー(ブレイク・ライブリー)が訪れる秘密のビーチは、亡き母が教えてくれたサーファーにとって最高の楽園。地形、波、風、すべてが完璧という設定で、母親を亡くしたばかりの彼女にとっては、重要な意味を持つ場所でもあります。そんな秘密のビーチのロケ地として選ばれたのは、サーフィンの名所として知る人ぞ知るオーストラリア・シドニーの東に位置する小さな島、ロード・ハウ島 Lord Howe Island

Lord Howe Island

ユネスコの世界遺産にも登録されており、島の周りの海も海洋公園として管理されています。さらに、島の大半はこの島でしか見られない動植物が数多く見られる原始林で、海では、オオジャコガイやウミガメ、カクレクマノミ、ミノカサゴ、マグロ、キングフィッシュ、チョウチョウウオを見ることができ映画同様に最高の楽園です。

Lord Howe Island2

製作のマティ・レシェムは、本作の主なロケーションをハウ島に選んだこだわりについて、「まずは自然な入り江が必要だった。ナンシーの視界に常に岸が入ってないといけないからね。このストーリーを語れる場所が必要だったんだ。でもそれ以上に、今まで誰も見たことない場所で撮りたかった。でもそういう場所はもうあまり残っていないんだ」と、明かしています。

また、まさに楽園ともいえるロード・ハウ島での撮影について主人公ナンシーを演じたブレイク・ライブリーも「今まで一度も映画の撮影に使われたことがない場所。地球上の楽園のようなところだから、今回スクリーンで見てもらえるのは本当に素晴らしいことだと思うわ。あの島で撮影できたのは本当に格別なことだった。海の真ん中に浮かぶ、手つかずの美しい島。小さな秘宝よ。この映画を観たら、きっとみんなあの島に行きたくなるでしょうね。それほど魅力的な映像なのよ」と、今までこの島で映画の撮影をしたことがないことを明かし、島の美しさと映像美に太鼓判!

監督のコレット=セラは、「ロケーションの美しさのおかげで素晴らしい想像を撮ることができた」とハウ島を絶賛しており「あのビーチの映像4フレーム分だけで、完璧とは言えない他のビーチの映像2時間分よりずっと価値があると、僕らは思ったんだ。カメラマンのサイモンは最高だよ。彼がカメラを持って、サーフィンするアンジェロとホセを撮ってくれたんだ。午後になると、僕はどんなに素晴らしい映像が撮れているんだろうと、まるでクリスマスの日の子どものようにワクワクしながら、サイモンのところへ走っていったもんだよ。サーフィンのシーンは驚くほど素晴らしいんだ。すべてサイモンとサーファーたちのおかげだよ」と語っています。キャストや製作陣、すべてのスタッフが口を揃えて自然の美しさを称賛するするロード・ハウ島。是非、劇場でその美しさを堪能してはいかがだろうか。


【STORY】亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。そこはサーファーにとって最高の楽園。医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。すべてが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となるための勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった――。足を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。極限の恐怖にさらされながらも、ナンシーは冷静に生き残るためのプランを練り始める。医学の知識を生かし、着用していたラッシュガードを使い止血。サメの動きのパターンを解読。生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは――?



【主演・監督】
主演のブレイク・ライブリーは海外ドラマ「ゴシップガール」(07~12)でセリーナ役を演じ、全世界の女性が憧れるファッションアイコンとなった。「アデライン、100年目の恋」(15)では数奇な運命をたどった美女を演じた。私生活では「グリーン・ランタン」(11)で共演し、全米で空前の大ヒットとなったアメコミ映画「デッドプール」(16)の主演であり夫のライアン・レイノルズとの間にもうけた第2子を妊娠中。エレガントな美貌に加え、178センチというスレンダーなボディを本作でも余すとこなく披露し、ほぼ全編セクシーな水着姿を披露!監督は「フライト・ゲーム」(14)、「ラン・オールナイト」(15)でリーアム・ニーソンを本格アクションスターに仕立てたスペインの鬼才ジャウマ・コレット=セラ。

映画『ロスト・バケーション』 原題:The Shallows
7月23日(土)全国ロードショー
・監督:ジャウマ・コレット=セラ(『ラン・オールナイト』『フライト・ゲーム』『アンノウン』)
・脚本:アンソニー・ジャスウィンスキー(『リセット』)
主演:ブレイク・ライブリー(「ゴシップガール」シリーズ『アデライン、100年目の恋』)
・配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

nami

nami

スポーツ栄養士です。サーフィンを通じて健康な体に!
普段は千葉でロングボードに乗ってます。