”要領のいいサーファー”になって海に行く時間を作るための9つの極意

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーファー


通常の家庭を持つサラリーマンサーファーであれば、会社、仕事、家庭を要領良くこなさないと落ち着いて海には行くことはできません。

しかし要領のいいサーファーにとってみたら「家庭(仕事)が忙しくて海に1ヶ月以上行けてないよ〜」「海からはお昼までには帰らないと嫁が怒っちゃうよ〜」という声は、私は要領が悪いイケてないサーファーですと言っているように聞こえます。

今回はみんなが気分良く海に行けるように、”要領のいいサーファー”になって海に行く時間を作るための9つの極意を紹介します。

要領のいいサーファーになって、海に行く時間を作るための9つの極意

1.捨て試合を作る

要領のいいサーファーは完璧主義であってはいけません。仕事でも家庭においても、どこまでやっておけば良いのか着地点を瞬時に見出しているのです。海に行くという目的達成のためなら、捨て試合も平気で作ります。やらないことを決めるということです。

2.重要なポイントだけは抑える

要領のいいサーファーは仕事、家庭でも重要なポイントだけは何があっても抑えます。嫁の誕生日や結婚記念日だけは海に行かず、プレゼントを用意しておけば、多少嫁に愚痴られても2回くらい連続で海に行けるでしょう。

3.ガイジン化する

日本では空気を読め読めとうるさいです。空気を読みすぎると、オリジナリティー、スタイル、面白さに欠けた人間になってしまいます。要領のいいサーファーは空気を読みつつも、時にはガイジン(外人)化してあえて空気を読まない行動をとります。空気を読まず行った行動が革命を起こし、海に行く時間を作るのです。

4.いつもシンプル思考で

明確なゴールと期限を決める。そこから優先順位付けすることでゴールから逆算して何を行えば良いのかが明確にします。要領のいいサーファーは、ゴール設定から瞬時に因数分解してシンプルに考えることができる能力があるのです。またシンプルにしているのでゴールがぶれません。

5.出来るものから片付ける

難しい問題に神経質になってはいけません。難易度の高いことに時間を取られて何もできず、海にも行けずが一番まずい事態です。要領のいいサーファーは、出来るものから片付けるのです。

6.1つづ確実にタスクをクリアに

複数のタスクを同時平行で進めるのではなく、1つづつ確実にクリアしていきましょう。また1つのタスクをクリアするときは時間を取って、集中していっぺんに片付けてしまいましょう。要領のいいサーファーは、ここぞという時はスーパーサイヤ人並の集中力と破壊力を発揮します。

7.周りを巻き込む

自分1人でできることには限界があります。要領のいいサーファーは、多様化されたニーズを瞬時に汲み取り、周りを巻き込む能力を持っています。

8.課題をクリアして未来の貯金を

仕事、家庭でも普通に過ごしていても必ず何かしらの課題にぶち当たるものです。嫌なこと、嫌な人、病気など色々ありますが、嫌なことを放置してはいけなせん。要領のいいサーファーは、課題から逃げずクリアしておくことで、未来の貯金を作ります。今だけでなく先を見越して行動しています。

9.自信を持っている

要領のいいサーファーは、周りから何を期待されているのか理解しています。自分はこれが得意だということに誇りと自信を持っているので、出来ないことは自信を持って出来ないと言う事が出来ます。そして空いた時間でサーフィンに行きます。


いかがでしょう。「ヒット&アウェイ」「蝶のように舞い、蜂のように刺す」このような戦法を使って要領よく海に行きましょう。

ビジネスサーフィン人気記事

サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業、ベンチャー企業へ

サーフィン サユリタ

 

人気の英会話サーフィン記事

オンライン英会話により、海外サーフトリップが格段に楽しくなった話

サーフトリップ英語

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet