【季節が日本と真逆】大自然の中でのニュージーランド サーフィン

ライター: shinji_dog

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ニュージーランド1

そうここ、ニュージーランドは南半球のちょうど日本と同じ様な位置にあるため、季節が日本と真逆なのである。日本の寒い冬の時期にニュージーランドは夏であるため、日本を飛び出して過ごしやすいニュージーランドの夏をサーフィンして休暇を過ごすというのはいかがだろうか。

ニュージーランドは日本の夏ほど蒸し暑くなく、乾燥していてオークランド以北では、最高気温は30度前後で過ごしやすいが、紫外線は日本の8倍以上あるので紫外線対策はしっかり心がけよう。また一日の中でも四季があるのがニュージーランドの特徴で、朝は涼しく過ごし易いが日が昇る日中はとても日差しが強い。朝と比べて気温の差も10度前後違う時もある。夏でも日が落ちれば急に冷え込んでくるので、簡単に羽織れる上着なども用意しておくといいだろう。

そして夏はなんと日が沈むのは21時頃なのだ。とても一日が長く感じるので旅行やサーフィンをしに行くにはピッタリの場所ではないだろうか。サーフィンもあなたの体力次第ではあるが、一日に4,5ラウンド可能だ!僕はせいぜい3ラウンドでバテバテだが…。

ニュージーランドと日本

出典元:http://www.geocities.jp

ニュージーランドの四季

12〜2月が夏(ニュージーランド中が観光客で賑わい、色んなイベントが各地で開催さる繁忙期)、3〜5月が秋(人が少しずつ減る季節だが、私の中ではお気に入りの季節)、6〜8月が冬(特に私の住んでいる町はこの時期は静かでデッドタウンとなり雨も多い気がする)、9〜11月が春(少しずつ町に活気が出てくる気持ちの良い季節だがここマウントマウンガヌイは波の無い日が続く)。

このように色んな意味でも四季があるのが楽しい。それと北島では冬は氷点下になることはなく積雪もなく(山間部以外)、日本のような極寒の日本海までいかない。もちろん寒いので日本のウエットスーツのセミドライとブーツは必要だ。

9月の最終日曜から4月の第1日曜までサマータイム(正式にはデイライトセービング)が実施される。サマータイムが始まるときは、時計の針をプラス1時間、反対にサマータイムが終わるときは時計の針を1時間戻す。日本との時差はプラス3時間でサマータイムの時期は4時間だ。

そんなこんなで私の超おすすめニュージーランドサーフィン動画を紹介しよう。少し長いが時間のある時にでも是非観てほしい作品【Under The Weather Surfing in New Zealand】2013年頃の作品になるだろうか。ニュージーランド各地のサーフポイントでニュージーランドローカルサーファーのリカルド・クリスティーマズ・クインといった世界で活躍しているサーファー達の華麗なサーフィンとニュージーランドの景観が美しく見ごたえのある作品だ▶

ニュージーランド3

ニュージーランド2


人気の英会話サーフィン記事

オンライン英会話により、海外サーフトリップが格段に楽しくなった話
サーフトリップ英語

サーフィンしてビジネスも生まれる。人生を変えるリゾートバイトのススメ
サーフィン3
Photo by instagram.alghiffanny 

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shinji

shinji_dog

オーストラリア、インドネシア、フィジーを旅をし、ニュージーランド北島にあるマウントマウンガヌイに移住する。永住権を取得しサーフィンライフを通してここマウントマウンガヌイをベースにニュージーランドの魅力を伝えていけたらと思います。 ニュージーランドでの日常をこちらインスタグラムにアップしていますので 是非フォロー宜しくお願い致します!!→@shinji_dog