期待を遥かに超えた、冬のおすすめサーフィンアイテム6選!

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン 冬

海水温は、気温の変化から約2ヶ月遅れて冷たくなります。これから寒くなる冬サーフィンに備え、今回は『期待を遥かに超えた、冬のおすすめサーフィンアイテム』をご紹介。どれも実際に使って良かったアイテム。そして最後に期待を遥かに超えたサーフムービーもご紹介。安定のサーフショップで購入すればより冬の海についての詳しい説明も聞けて間違えはありません。サーフショップで冬のサーフィン用、防寒アイテムをしっかりそろえてキープ オン サーフ!

モチベーションもスキルもアップ!冬のおすすめサーフアイテム6選

1.大ヒット商品となったサーフィン用耳栓『サーフイヤーズ』最新モデル

耳の中に水が入るのを予防したり、サーファーズイヤー予防のため、耳栓はマストアイテム。このヒット商品は以前の耳栓と比べて快適に会話が聞き取れる上、紛失防止の紐も付いている。もしこの耳栓をしていても水が入ってくる場合、中のイヤーピース(ゴム部分)を小さいサイズに付け替えるなどしてみるとフィットすることがありますよ!色々な耳栓を試してみましたが個人的にはこちらに落ち着きました。サーファーズイヤーになって手術はしたくないですから、早いうちからの予防が大切です。

2.モチベーションがアップするホットジェル

冬の海は、着替えの時点から相当の気合いが必要になりますね。しかしホットジェルを塗れば着替えのモチベーションが一気にアップするのだ。しかも海の中ではフルスーツやブーツの中で海水と調和して温水となり、ポカポカがウェット中でしばらく続くようになります。ただし塗り過ぎや、目や急所に塗ると地獄をみるので要注意。

3.どのサーフグローブを買おうか迷ったらコレ

3本指がくっ付いていて、手のひらに滑り止めの付いているグローブが個人的にはオススメ。3本の指がくっ付いている分温かく、滑り止めでボードも滑らり辛くなります。パドルし辛かったりといいうことも無く快適です。

 

4.どのサーフブーツを買おうか迷ったらコレ

自分の足の形にカスタマイズできる。最強ブーツがこちら→自分の足の形にカスタマイズできるという、最新のサーフブーツを週末サーファーが試してみた感想 〜冬サーフィン新アイテム編〜 これは本当に柔らかく動き易く温かい。間違いない!感動もの。

5.オススメのヘッドキャップ

ヘッドキャップを着用することで、温かさが全然変わる。しかもこのヘッドキャップは首周りまで保温しているので尚更Good!ヘッドキャップは同時にサーファーズイヤー対策にもなるのだ。

 

そして想像以上に役に立つネッグウォーマー。首元がノーガードでしたら手軽に防寒できます。

6.身体を冷やさない為に。ウエストサポーター ベルト

寒いのにやせ我慢すると、その時は大丈夫でも数年後に腰痛など、悪い症状は後から出てきます。まだ腰痛になっていないサーファーには腰痛予防となり、腰痛持ちは痛みがかなり和らぐ。また腰を温めると身体全体が温まるので非常に便利。そして冬だけでなく夏場のスプリングの下などにでも使用できますので、1年を通して使用可能。寒がりサーファーや腰痛への不安があるサーファーは是非お試し下さい。


今回は個人的に実際に使用して良かったおすすめの冬用アイテムをご紹介しましたが、行きつけのサーフショップに行けば、他にも色々な快適アイテムについて詳しく教えてくれるでしょう。迷ったらサーフショップにGoですよ!サーフグッズはどんどん進化しています。冬のサーフアイテムをしっかり揃えてキープ オン サーフ!



寒さの想像を超えたスペリオル湖でのサーフィン映像

最後にこちらは寒さの想像を超えた北アメリカ スペリオル湖でのサーフィン映像。スペリオル湖は五大湖 最大の面積で、淡水湖としては世界最大の面積を持つ湖だ。

波は極上、しかし吹雪が吹き荒れ水温も-1度。顔からはツララも垂れ下がる、寒さの限度を超えた命がけのサーフィン映像もあわせてどうぞ!

冬サーフィン関連記事:
『冬でもサーフィンを続ける7つの秘訣』
『冬でもサーフィンを続けるべき8つの理由』
『うっかりミスが命取り。冬のサーフィンで特に気を付けるべき7つのこと』



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

美容や健康に携わりたく、美容師、栄養士を経て独立。今まで転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は投資と会社経営をしながら世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来るもの。人生サーフトリップ!