【プチコラム】この時期、サーファーのような”カボチャ”が身体によい理由

ライター: WAVAL

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン  かぼちゃ1

 

夏から秋の時期にかけて、カボチャが美味しくなる時期です。栄養価が高く、皮が緑で中身が黄色。平和と癒しの色。

かぼちゃは夏の太陽がさんさんと照るなか育ちます。太陽のエネルギーをたくさん貯蓄しています。という事はそのカボチャを頂く=太陽のエネルギーを体に取り込めるという事になります。私達サーファーみたいですね。笑

 

かぼちゃや人参などに含まれるビタミンC、E、ベータカロテンなどの抗酸化成分は脳の老化の原因となる酸化を防ぐため、物忘れをよくする人はカボチャを食べると良いですね。またカボチャの甘みは、サファーのカラダがとても喜びます。これもカボチャに含まれるベータカロチンやビタミンCによりこの夏に受けた日焼けによるお肌のダメージの再生を助ける働きもあります。

ただ欲を満たすという食べ方ではなく、食べ物が持っているエネルギー、それを取り込んだ後に自分が何を感じるか、私たちが思っている以上に彼らが人間に与えてくれる力は底知れず強い。

今日はマクロビオテックの代表的な食養料理、小豆カボチャなど作ってみてはいかがでしょうか。かぼちゃの優しい甘みにほっとしたい。腎臓病にも効くと言われています。

お酒が好きな方なら、かぼちゃ料理と一緒に秋のクラフトビールでも飲んで夏の疲れを癒してみても良いでしょう。

秋の夜長に月を眺めつつ、ゆっくりと…

秋限定”十六夜の月(イザヨイノツキ)”。グレープフルーツの味がほんのりするビールで、深い麦芽のコク、ホップの香りを贅沢に楽しめる。秋の夜長にぴったりです。

十六夜の月とは陰暦8月16日の夜の月を十六夜(いざよい)の月と呼びます。 「いざよう」とは躊躇、ためらうの意味で、十五夜よりしばらく遅れて昇るため「いざよい」となったそうです。

クラフトビール

出典:グランドキリン HP

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)