ロブ・マチャドが語る『サーフィン感・ルーツ・ドレッドヘア』

ライター: shun

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ロブ・マチャド

ロブ・マチャド

ロブ・マチャドが自分の『サーフィン感』『ルーツ』そしてトレードマーク『ドレッドヘア』を語る

サーフィンのカリスマ、スタイルマスターという言葉がピッタリなプロサーファーロブ・マチャド。今回紹介する動画は、彼のルーツやサーフィンに対しての考え、今取り込んでいるプロジェクトについてのものだが、この短い映像の中でシンプルな言葉ながらも凄く大切な事を言っている。

私には初耳だったのが、彼が自らのルーツを語る中で、オーストラリア生まれで3歳から4歳の頃にカリフォルニアに戻ったという事。そして、この映像で一番重要な彼のサーフィン感を語る中で「サーフィンは日々チャレンジで本当に難しく、フィジカルや精神面が大切だが、何より母なる自然とうまく付き合わなければならない。絶対に一生自然はコントロール出来るものではなく、自分がコントロールしていると思えば、母なる自然があなたを突き返すだろう」と言っている。

海はあなたにとっての”チャレンジ”がいくつかあるかもしれない。 ある時は一生の思い出に。しかし、ある時は自然があなたに牙をむくかもしれない事を決して忘れてはならない。

最後に、サーフィンをする時に邪魔ではないのかと思っていた、彼のトレードマークでもあるドレッドヘアについて語っているが、どうやら本人も時々邪魔に思っているようだ(笑)。そんな所に親近感を感じてしまう”カリスマ” ロブ・マチャドのサーフィン動画をご覧ください。

Instagramでは、オーストラリアの海や自然などの写真を中心に私の海外生活の日常を公開。またYoutubeでは、オーストラリアでの釣りをメインにサーフィンや海外生活ならではの動画を配信していきます。どちらもフォロー宜しくお願い致します!
・Instagram→@w.n.s_fam
・YouTube→ 日豪釣りチャンネル/FISHING IN AUSTRALIA

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shun

shun

オーストラリアのバイロンベイへ日本人のいない環境を求め、世界中の旅人達と共に約1年間のバックパッカー生活を経験した後に移住。サーフィンや釣りを通じてオーストラリアの大自然に強くインスパイアされ、遂にはアパレルブランド"Adventure"を立ち上げた。他にはYouTubeにて釣りをメインにサーフィンや海外生活ならではの動画を配信と多方面にて活動中。
・YouTube:日豪釣りチャンネル/FISHING IN AUSTRALIA
・日々の波、海、サーフィンメインのInstagram: @w.n.s_fam