サーファーの髪を紫外線から守れ!頭髪・頭皮への影響と薄毛対策

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

"サーファー

photo by:instagram/alghiffanny

 

サーフィンはとても楽しく、生活も充実させてくれる最高のスポーツですが、紫外線とうまく付き合っていかなくてはなりません。

「薄毛」「ダメージヘア」など、頭髪や頭皮の問題については誰もが一度は気にするところ。植毛技術やリペア技術が日々進歩しているとはいえ、未然に防ぐのがベストです。近年では女性も社会進出の影響からのストレスや、不眠、喫煙などにより、女性の薄毛も取り沙汰されるなど男女ともにケアすべき問題となってきています。今回は紫外線や海水による、頭髪・頭皮ダメージの理由と最新の薄毛対策をご紹介します。

紫外線・海水による頭髪・頭皮へのダメージ

・頭髪への影響:紫外線によるキューティクル破壊

髪のツヤを左右するキューティクルとは、ケラチン質でできた髪の毛をコーティングする透明の膜のこと。紫外線を浴び続けることで、キューティクルは傷み、剥がれてしまうのです。

・頭髪への影響:紫外線による乾燥

我々サーファーが浸かる海水の性質はアルカリ性。髪の毛の約90%をも構成しているケラチンという成分はアルカリ性に対して弱く溶けるのです。結果、保水性が失われ潤いのないパサついた髪になってしまいます。
ケラチンには紫外線を吸収し、ダメージを受け流してくれるメラニン色素も含まれているのです。

・頭皮への影響:紫外線による毛母細胞、毛根への影響

紫外線は髪の毛だけでなく頭皮にも影響を及ぼします。
毛母細胞を刺激し、髪を上手く発毛できない状況になり知らない間に薄毛になっていたりします。また毛根にも影響を及ばし、髪の色素を作り出す細胞を壊すため白髪を増やす原因にもなります。

・海水による雑菌繁殖、頭皮酸化

海水にはプランクトンや雑菌などが多く潜んでおり、頭髪や毛皮で繁殖します。実際にはこれプラス紫外線の影響もあって瞬く間に頭皮が酸化し切れ毛や抜け毛などの症状が引き起こされるのです。シャワーを浴びずにそのままにしておくことは頭皮に取って、最悪の状況を作り出します。

 

「薄毛」「ダメージヘア」対策

・サーフハットの使用

サーフハットで、頭髪を紫外線から守りましょう。また顔の日焼けの予防にもなります。特に短髪やスキンヘッドの場合、頭皮への紫外線の影響は大きくなります。髪や頭皮のケアが面倒と感じる方にはまずはこれがオススメ。夏も冬もキャップをかぶりましょう。

・日焼け止め・UVケア用品の使用

サーフハットをしてサーフィンしたくないと思うサーファーもいるでしょう。そんな方は、頭皮にも使用可能な日焼け止めの使用や、UVケア効果のあるシャンプー、コンディショナー、トリートメントでケアしましょう。

 

・メチオニンの摂取

前述のとおり髪の毛を構成する成分のうち90%がケラチンによって占められています。ケラチンのもととなる必須アミノ酸「メチオニン」を意識的に摂取することが重要。サプリメントはもちろんメチオニンが多く含まれる食事(鶏肉や牛肉などの肉類、マグロやカツオ、しらす干しなどの魚介類、豆腐や納豆などの豆料理・豆加工品など)などを摂取すれば髪だけでなく、疲労回復効果や筋肉の修復にも良い影響があります。

・アミノ酸関連記事:サーファーの課題を解決する『アミノ酸(BCAA)』の効果的な摂取方法

 

・海水をしっかりと洗い流す

海水に潜む雑菌を真水でしっかりと洗い流しましょう。シャワーのないポイントでは携帯用シャワーなども有効です。

 

・シャンプーで二度洗い

海水をしっかり洗い流したら、二回シャンプーをしましょう。一度目は髪の毛を、二回目は頭皮を重点的に洗います。頭皮をマッサージするように洗いましょう。
ここで重要なのはシャンプー後もしっかりとシャンプーを洗い流すこと。シャンプーの洗い残しも頭皮環境に悪いので、シャンプーでダメージを受けていては元も子もありませんね。※これ以上、何回も髪を洗いすぎるのは常在菌も殺してしまうので逆効果です。

●サーファー必須の頭皮・ヘアケア用シャンプー

・男性用

・女性用

デイリーケアはトリートメントで。

そして特に髪の傷みのひどい時はヘアパックで自宅で集中ケアを!髪の内部から成分を浸透させます。

最後はリンス、コンディショナーで髪をコーティングして仕上げましょう。

シャンプーによって頭髪・頭皮を清潔にしたらコンディショナーやトリートメントを用いて頭髪を補修しましょう。ケラチンやキューティクルを集中的にケアしてくれるものが良いですね。


その他、美容院でのヘッドスパを3ヶ月に1度くらい行うなどで毛根の汚れを定期的に取り除きましょう。日々のマメなケアをするか、しないかで、数年の間に大きな違いがでます。夏に受けたダメージにより冬になって髪が抜けるなど、髪や頭皮のダメージは蓄積し、後からやってくるもの。気付いたら薄げになっていた!ということになるので後悔しないようにしましょう。サーフィンは楽しくかっこよく!

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet