【Video of the Youth #001】将来有望な日本人グロムライダー松原渚生

ライター: Jay

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サンライズや志田、一宮ポイントなど千葉を拠点に活動している12歳の日本人グロムライダー松原渚生(まつばら・しょう)。その才能は目を見張るものがあり、日本サーフィン連盟(NSA)のショートボード1級のライセンスを取得している期待の次世代サーファーのひとりです。

公の舞台においてもNSA公認大会での優勝やWSLグロメットにおいて上位に食い込むなど結果を残しつつあり、今後の成長と活躍に大きな期待がかかります

そんな日本期待のグロムである彼は、サーフィンを始めたきっかけと今後の意気込みを以下のように語っています。

きっかけは、家の前が海で父が毎日サーフィンをしているのを見ていて自分も波に乗りたくなったのがはじまり。いずれ必ず今支えてくれている家族にサーフィンで恩返しをしたい。目標は世界のステージで戦い 日本人としてトロフィーを掲げたいです。

サーフィンを始めるきっかけを与えてくれた父、そしてそれを支えてくれる家族への感謝を忘れません。一方で、そのサーフィンの喜びを与えてくれる海への礼儀も重んじ、深々と一礼する姿も後述の動画中でも確認できます(3:58頃)。12歳という若い年齢にしてリスペクトフルな姿勢でサーフィンと向き合い、日本人サーファーとしてのプライドや責任感も自覚しているのには脱帽

また、彼の父である松原さんも、

渚生には、目標へ向かって、まずは努力し、自分自身を磨いてもらいたい。親としても家族一丸出来る限りサポートしていきたい所存です。

とエールを送っています。今後ステージが上がっていくにつれ幾多の困難が待ち受けていることでしょう。しかし、自身の努力と家族やサポートしてくれる人々の後押しを力にし高い壁を乗り越えてほしいですね。

 

以下の動画は、義足サーファー伊藤建史郎の挑戦のドキュメンタリーも手がけているMarchFilm映像企画が立ち上げたプロジェクト『Video of the Youth』の第1弾映像。
(関連記事 ▶ 【サーフィンできる喜びとは】義足サーファー、伊藤建史郎の挑戦

恵まれた才能を遺憾無く発揮し、今後に要注目のグロム松原渚生のサーフムービーをご覧ください!


SHO MATSUBARA HightMe Video of the Youth#1 from Marchfilm on Vimeo.


==========
素材提供元:Video of the Youth

Video of the Youthとは
MarchFilm映像企画のHightMeプロジェクトからはじまりました。 日本人サーファーがもっと世界で活躍してもらえたらとの思いが先行した映像企画です 。 次世代サーファー達が今あるサーフィン業界の云々に左右されずひたむきに努力し、ひたすら突き進む、環境の中で純粋にサーフィンに対する思いをライディングで魅せる姿をカメラに記録していき、ドキュメンタリーショートフィルムで配信していきます。

Marchfilm映像企画が企画するサーフィンビデオ”HIGHT ME”のHP▶
http://hightme.marchfilm.com/
==========

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Jay

Jay

20代♂。OAKLEYのアイウェアをコレクト中。最近のイチオシアーティストはKendrick Lamarと水曜日のカンパネラ。