田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
田岡なつみ WSL / Tim Hain

フィリピン、ラウニオンのウルビズトンド・ビーチで開催中の La Union International Pro (ラ・ウニオン・インターナショナル・プロ)のイベント4日目(男女ショートボードQS3,000、男女ロングボードQS1,000)。フィリピンのロゲリオ Jr エスキベルと日本の田岡なつみが優勝を飾った。ウルビズトンドビーチのポイントは、1~2フィートのクリーンな波で素晴らしいロングボード・コンディションとなった。

関連記事:
野中美波、脇田紗良がハイスコアをマーク!QS3000ラ・ウニオン・プロ初日
田岡なつみ、吉川 広夏、井上桜、浜瀬海、井上鷹が初戦突破!ラ・ウニオン・プロ2日目
井上鷹、井上桜、田岡なつみ、吉川広夏がベスト4進出!ラ・ウニオン・プロ3日目

井上鷹が準優勝

メンズファイナルでは、ロジェリオ・Jr・エスキューベル (フィリピン)と井上鷹(日本)の2人が対戦。井上はセミファイナルでイベント最高の17.25ptを出したばかりで、エスキューベルは地元優勝するためには高点数を狙いに行く必要があることを理解していた。ファイナルは接戦となったが残り9分、地元を知り尽くしたエスキューブが7.90ptをスコアし逆転。更に残り5分でショルダーの長い波に掴み、何度も長いノーズライドに成功させ8.50ptで更に点数を重ね、友人や家族の前で優勝を飾った。

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
井上鷹 WSL / Tim Hain

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
ロジェリオ・Jr・エスキューベル WSL / Tim Hain

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目井上鷹&ロジェリオ・Jr・エスキューベル WSL / Tim Hain

ロジェリオ・Jr・エスキューベル「地元で優勝はとても特別なことです。友人や家族が私を見守り、応援してくれていることに、とても感謝している。ラ・ユニオンでWSLイベントが開催されると聞いた時は、とても興奮し、それ以来、一生懸命トレーニングしてきました。タカ・イノウエは、この1週間ベストサーファーの1人でしたので、ファイナルで彼と戦えたことは光栄でした。ワールド・ロングボード・ツアーにクオリファイするのが夢なので、素晴らしいスタートが切れました。」

男子セミファイナル

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目

男子ファイナル

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
ロジェリオ・Jr・エスキューベル WSL / Tim Hain

フィリピンの選手達に担がれる準優勝の井上鷹田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
井上鷹 WSL / Tim Hain

吉川広夏と田岡なつみが決勝戦を戦う

ウィメンズ・ファイナルでは、日本のデュオ、吉川広夏 と田岡なつみ がバトルを繰り広げた。この2人はここフィリピンでもその強さを発揮し、各ラウンドで大会最高得点を記録。決勝戦は吉川がリードし、田岡がエクセレントスコアに近いスコアを必要とする一方的な展開となった。残り時間2分、プライオリティを持った田岡はセットの波に乗り、ポケットでのカーヴィングとピヴォット、ノーズライディングを決め、エクセレント8.35ptをスコアし土壇場で逆転。見事に逆転優勝を果たした。

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
吉川広夏 WSL / Tim Hain

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
吉川広夏 WSL / Tim Hain

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目田岡なつみ WSL / Tim Hain

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
田岡なつみWSL / Tim Hain

田岡なつみ「この勝利にとても満足しています。最後にプライオリティを得るために長い時間待っていたのですが、プライオリティを得た後は波が来ると分かっていましたし、良い波が来ました。あの波で自分の最高のサーフィンができて、本当に幸せです。ヒロカ(吉川)とは日本で何年も対戦しており彼女の実力はわかっているので、良い波に乗れるかどうかが重要なポイントなので、そこを意識していました。夢のようで、とても幸せです。

吉川広夏「2nd place。悔しいですが全てを出し切った良い試合でした!アジアのトップサーファーが集まる中で決勝に進めたことに自信を持ってこれからも進化できるよう頑張ります。これからも応援よろしくお願いします!次だ〜!」

女子セミファイナル

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目

女子ファイナル

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目

田岡なつみが優勝!吉川広夏、井上鷹が準優勝。井上桜が3位。ラ・ウニオン・プロ4日目
田岡なつみ WSL / Tim Hain

アジア・リージョン男女トップのみが出場できる2023年ワールド・ロングボード・ツアー参戦へのポイント獲得チャンスは2回のうちあと1回しか残っていないが、4人のファイナリストは出場するのに絶好のポジションにいる。

ロングボード部門では日本人選手が大活躍。そしてこの後、大会はショートボードQS3,000イベントへと焦点が移るが、まもなく更なるスウェルの到来が予想されるため、数日中に再開される予定となる。

La Union International Pro – Day 4 Live

ショートボードWSL QS
ロングボードWSL LQS



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet