大村奈央がハイスコアでラウンドアップ!『台湾オープン 女子QS5000/男子QS3000』2日目

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

大村奈央 @WSL / Tim Hain

2023年WSLチャレンジャーシリーズ(CS)の出場権を争う試合、台湾の台東 Jinzun Harbourで開催されているWSL女子QS5000/男子QS3000「台湾オープン・オブ・サーフィン(Taiwan Open of Surfing)」2日目。オーストラリア、オセアニア、アジアのプロサーファーが集結するクオリファイシリーズイベントだ。本日は女子QS 5000イベントのオープニングラウンドが開催され、風の影響を受ける2~4フィートの波で素晴らしいサーフィンが披露された。

関連記事:CS出場権を争う女子QS5000/男子QS3000『台湾オープン・オブ・サーフィン』が開幕

アン・ドス・サントスが本日のベストトータルスコア11.83ptをマーク

アン・ドス・サントス @WSL / Tim Hain

この日のオープニング・ヒートでは、ブラジルのアン・ドス・サントス(BRA)が、レフトとライトに乗り分け、本日のトータル・ハイエストスコア11.83ptを記録して注目を浴び、Round of 32に進出した。

アン・ドス・サントス「風は強いけどとても楽しかった。沢山のピークが左右にあり多くのチャンスがありました。ここ台湾では、とても楽しい時間を過ごしている。台湾はとても美しい場所で、素晴らしい波が沢山ありますね。」

台湾でも注目のシャルガオ・クラウド9で優勝したニルビー・ブランカダ


チューブライディングに匹敵するレールゲームを見せたニルビー・ブランカダ(PHL)@WSL / Tim Hain

フィリピンのニルビー・ブランカダ (PHL)はシャルガオ・クラウド9で、素晴らしいチューブライディングでフィールドを支配して優勝したばかりだ(関連記事:松岡亜音がQS1000 シャルガオ・クラウド9で準優勝!ニルビー・ブランカダとジョン・マーク・トコンが優勝)。

今日Jinzun Harbourのピークでブランカダは、レールワークとポケットでの鋭いカーヴィングで勝利した。わずか1ヶ月前にWSL初優勝を果たしたブランカダだが、ここ台湾で再び結果を残しランキングアップ目指している。

ニルビー・ブランカダ「クラウド9で優勝して自信を持ち続けたいけど、ここは波のロケーションが違います。自分のサーフィンの違う面を見せることが出来て良かった。この大会はQS5000なので多くの素晴らしいサーファーが参加している中で勝利しなければならない。でもそれは素晴らしい経験になると思います。」

オープニングラウンドでは、大村奈央 がパワフルなバックハンドで、本日2番目に高いトータルスコアを記録し、注目を浴びた。まRound1に出場した佐藤李馬庭彩西元エミリが順当にラウンドアップしている。


大村奈央 WSL / Tim Hain

 

アジアQSランキング

WSL taiwan-open-of-surfing


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet