安井拓海と中塩佳那が優勝!グラチャンは金沢呂偉と中塩佳那。JPSAショート最終戦 日向プロ』

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

安井拓海と中塩佳那が優勝!グラチャンも決定『JPSAショート最終戦 日向プロ』
優勝した中塩佳那と安井拓海

JPSA2022年の最終戦 となる『JPSA2022 さわかみ Japan Pro Surfing Tour ショートボード第5戦さわかみ日向プロ』が、10/23 (日)~10/26(水)の4日間 開催され、ABEMAで独占生中継された。安井拓海中塩佳那が優勝。グランドチャンピオンは金沢呂偉中塩佳那に。また新人賞(ルーキーオブザイヤー)には矢作 紋乃丞中塩佳那に決定。中塩佳那は今シーズン負けなしの5戦全戦優勝と、各賞を総なめにした。

日向市 お倉ヶ浜で開催
お倉ヶ浜

ファイナルは実力者同士の対戦に。ここまでエクセレントスコアを連発してきた伊東李安琉を、終了間際の大逆転で安井拓海が勝利。今シーズンは1日中サーフィンすることも多く体も絞れたとのこと。勝負強さを感じた。強い安井拓海が帰ってきた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

ファイナルでは川合美乃里を逆転で破り、5戦全勝優勝という快挙を成し遂げた中塩 佳那。来年はQSを中心に回り世界トップを目指す予定とのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

中塩佳那は前回の4戦目に早々とグランドチャンピオンが確定。金沢呂偉は日向プロでまさかのR3敗退となるも、西慶司郎 がQFで敗れグラチャンが確定した。

安井拓海と中塩佳那が優勝!グラチャンも決定『JPSAショート最終戦 日向プロ』

優勝した中塩佳那と安井拓海

安井拓海と中塩佳那が優勝!グラチャンも決定『JPSAショート最終戦 日向プロ』

2位の川合 美乃里と伊東李安琉

3位の平原颯馬と仲村拓久未

安井拓海と中塩佳那が優勝!グラチャンも決定『JPSAショート最終戦 日向プロ』

3位の川瀬心那と宮坂麻衣子

安井拓海と中塩佳那が優勝!グラチャンも決定『JPSAショート最終戦 日向プロ』

新人賞(ルーキーオブザイヤー) 中塩佳那と矢作 紋乃丞

安井拓海と中塩佳那が優勝!グラチャンも決定『JPSAショート最終戦 日向プロ』

 



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet