2023年WSLチャンピオンシップ・スケジュールを発表!2024年パリ五輪のトップクオリフィケーション

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

SHISEIDO
@WSL / Cestari

サーフ・ランチ・プロが復活!WSLファイナルはローワー・トレッスルズに

・世界的に有名なバンザイ・パイプラインで、1月29日にシーズン開始
・ウェイブプール『サーフ・ランチ・プロ』がミッドシーズン・カット後のCT第6戦に再登場
・2023年リップカールWSLファイナルの開催地はローワー・トレッスルズに

本日、ワールド・サーフ・リーグ(WSL)は、2023年チャンピオンシップ・ツアー(CT)のスケジュールを発表した。今シーズンも2年目となる男女完全統合スケジュール、10のレギュラーシーズンイベント、CT第5戦後のミッドシーズン・カット、3年目のRip Curl WSL Finalsが盛り込まれている。2023年のCTシーズンは、2024年パリオリンピックのトップ・クオリフィケーション・ルートにもなる(詳細は「まずは最大で男女各3名の枠を取りに行く」2024年パリ五輪選考基準を発表)。

ローワー・トレッスルズ
SHISEIDO
Finals5 @WSL/Aaron Hughes

2023年のCTは、1月の「Billabong Pro Pipeline」を皮切りに、7カ国で10のレギュラーシーズンイベントが開催される予定。WSL CTは、カリフォルニア州レモアの海から100マイル離れた世界最大のハイパフォーマンスな人造波であるサーフ・ランチに、第6戦としてサーフ・ランチ・プロがカムバック。2023年のRip Curl WSL Finalsは、カリフォルニア州サンクレメンテのローワー・トレッスルズで開催され、男女のトップ5サーファーが世界タイトルをかけて対決することになる。

WSL 2023年チャンピオンシップ・スケジュール

2023年のCTツアースケジュール
2023年のCTツアースケジュール

1.Billabong Pro Pipeline(ハワイ): 1/29~2/10
2.ハーリー・プロ・サンセット・ビーチ(ハワイ): 2/12~2/23
3.MEOリップ・カール・プロ・ポルトガル(ポルトガル) 3/8~3/16
4.リップ・カール・プロ・ベルズ・ビーチ(オーストラリア) 4/4~4/14
5.マーガレット・リバー・プロ(オーストラリア) 4/20~4/30

*ミッドシーズン・カット(36人と18人→24人と12人に縮小)

6.サーフ・ランチ・プロ(アメリカ):5/27~5/28
7.サーフ・シティ・エルサルバドル・プロ presented by コロナ(エルサルバドル):6/9~6/18
8.リオ・プロ presented by コロナ(ブラジル):6/23~7/1
9.コロナ・オープンJベイ(南アフリカ) :7/13~22
10.資生堂タヒチプロ(フランス領ポリネシア) 8/11~8/20

11.リップカールWSLファイナル(ローワー・トレッスルズ、USA):9/7~9/15

コンペティション責任者のジェシ・マイリーダイヤー「2023年のスケジュールは、可能な限り最高のプラットフォームを提供し、世界最高のサーフィンを牽引し続けることでしょう。8月に16年ぶりにタヒチに戻ってきた女子の姿は素晴らしいものでしたが、2023年もこの完全に統合されたスケジュールで、同等のイベント、会場、賞金を提供できる事に誇りに思っています。」

WSL CEOのエリック・ローガン「2022年に続き、我々はプロサーフィンを進歩させ、高めるためにグローバルなプラットフォームを構築し続けます。今年は初めてデザインの一新を体験し、来年の完全統合されたチャンピオンシップ・ツアーを通じてスポーツをさらに強化し、2024年オリンピックへの最初の18人の選手の出場資格も獲得します。」

2023年CTは2024年パリ・オリンピックのトップクオリフィケーション

SHISEIDO
2023年レギュラーCTシーズン最終イベント、2024年パリ五輪の開催地となるチョープー © WSL / Damien Poullenot

2023年のWSL CTは、世界最高のサーファーのためのオリンピック予選システムにおける頂点に位置。Billabong Pro PipelineからSHISEIDO Tahiti Proまでの2023年シーズン終了時のWSL CTランキングによって、2024年パリ五輪の48枠中18枠(男子10枠、女子8枠)が決定する。

2022年のCTシーズンが終了し、ステファニー・ギルモア (AUS)とフィリペ・トレド (BRA)がワールド・タイトルを獲得したことを受けて、プロサーフィンは2023年のCTへの出場権をかけて競い合う2022チャレンジャー・シリーズにフォーカス。2022年チャレンジャー・シリーズの次の開催地は Vissla Pro Ericeiraで、10月1日から10月9日のウェイティング期間となる。



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet