日本のパラサーフィンを盛り上げよう!『第1回静波パラサーフィンフェスタ』ダイジェスト映像

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


Nami-nications

大盛況で幕を閉じた日本初にして最大級のパラサーフィンイベント

「日本のパラサーフィンを盛り上げよう!」という想いで開催された『第1回静波パラサーフィンフェスタ』。日本初の大型サーフィンプール 静波サーフスタジアムを舞台に7/10に開催。人工波でのパラサーフィンの大会は初の試みで、世界を相手に戦うパラサーファーが集結。当日は検温などの感染対策も整えつつ、500名以上もの来場者が訪れた(関連記事:日本初にして最大級!パラサーファー待望のイベント「第1回静波パラサーフィンフェスタ」開催)。

大会は障がいの内容で6クラスに分かれて競われた

三刀流サーファー井上鷹もエキシビジョンで登場

大会後には、テーマソング「Let You Release」を歌う東田トモヒロがライブを行い会場を盛り上げ、また、世界の舞台を経験したオールジャンルの日本代表グループ【オールオールジャパン】アンバサダーとして、2020東京オリンピックパラ競泳メダリストの富田宇宙が視覚障がいクラスで初参戦。アーティストティックスイミング(シンクロ)銀メダリストの川嶋奈緒子、パラサーフィン日本代表の藤原智貴らとともにトークイベントも開催され、実際に各々が獲得したメダルを披露した。

最後にエキシビジョンとして、ショート、ロング、SUPと乗りこなす三刀流プロサーファー井上鷹が、妹の井上楓と共に3種類のボードを変わるがる変えながら多彩な技を披露。 中でも1つの波をシェアして乗りこなす、パーティウェイブを披露し、来場客からは感嘆の声が響いた。

三刀流サーファー井上鷹もエキシビジョンで登場『第1回静波パラサーフィンフェスタ』ダイジェスト映像

当日は雨予報を覆す快晴のもと、大きなアクシデントもなく初の人工波での大会は大盛況で幕を閉じた。 18分10秒以降、東田トモヒロさん、井上鷹さん、パラサーファーの伊藤健史郎さん、小林征郁さんらからのコメントは要必見のダイジェスト映像をどうぞ!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet