世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT第7戦エルサルバドル

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT2022 第7戦エルサルバドル
五十嵐カノア Photo WSL/ Thiago-Diz

WCT 2022 第7戦『Surf City El Salvador Pro(サーフ・シティ・エルサルバドル・プロ)』が、本日3〜4フィートの波でエルサルバドルのプンタ・ロカ(別名ラ・プンタ又はプンタ・チラマ)という有名なレギュラーポイントブレイクで開幕。ウイメンズのラウンド1~2と、メンズのラウンド1を実施。

五十嵐カノア 1位通過

世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT2022 第7戦エルサルバドル
五十嵐カノア Photo WSL/ Thiago-Diz

現在世界ランキング4位の五十嵐カノアは、Round 1でコナー・オレアリーとワイルドカードのカルロス・ムニョス(CRI)と対戦。途中サーフボードを折りながらも華麗なエアリバースを決めるなどで見事1位通過でRound3進出した。

五十嵐カノア「2本目でサーフボードが折れたけど、自分のメンタルは折れなかった。シャープアイには良い板をたくさん削ってもらっているので、どの板でも調子の良いサーフィンが出来るので有り難い。Round3に向けて頑張りますので、応援よろしくお願いします。」

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT第7戦エルサルバドル

復活のヤゴドラ エアリバース 9.00pt

世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT2022 第7戦エルサルバドル
ヤゴ・ドラ Photo by Thiago Diz/WSL

負傷のため欠場していた ブラジルのヤゴ・ドラ。エアリアルでパーフェクトに近い9.00ptと5.27ptをマークし、ラウンドオブ16に進出。イーサン・ユーイング(AUS)もヒートトータル14.00ptを記録したが敗者復活ラウンドへまわることとなった。

ヤゴ・ドラ「怪我をしてから一番嬉しい出来事で、怪我から復帰してあんなエアーを決めることが出来て本当にハッピーだよ。もっともっといいヒートをしたいね」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿


世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT第7戦エルサルバドル

その他、コンテスト復帰2戦目のガブリエル・メディナが本日のトータルハイエストスコア14.50をマークし、安定の強さを見せています!

世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT第7戦エルサルバドル

世界2位のブリサ・ヘネシーとタティアナ・ウェストン・ウェブが敗退

オープニング・ラウンドで敗れたトップ・シード選手たちは、午後の敗者ラウンドに進出。現在世界ランキング1位のカリッサ・ムーア(HAW)、世界2位のブリサ・ヘネシー(CRI)、そして7×WSLチャンピオンのステファニー・ギルモア(AUS)は敗者復活ラウンド送りとなり、早期敗退の危機を迎えた。

オープニング・ラウンドのヒート中に足を負傷したヘネシーは、痛みをこらえてサーフしたが敗退。 敗者復活ラウンドにまわったヘネシーは、足を複数針縫った後、Billabong Pro Pipeline以来、初めてコンペティションに戻ってきた2022 WSLシーズンのワイルドカード、キャロライン・マークス(USA)に敗退した。

キャロライン・マークス「ブリッサ・ヘネシーは、とても素晴らしいサーファーでコンペティター。彼女は常に私の最もハードなコンペティターの1人で、誰よりも私を成長させてくれたので、彼女とヒートで戦えたことに感謝しているわ。彼女はこれまで素晴らしいシーズンを送ってきているから、本当に刺激を受けているの。

カリッサ・ムーアとステファニー・ギルモアが敗者復活ラウンドをクリア

世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT第7戦エルサルバドル
Credit: © WSL / Nolan

5×WSLチャンピオンであるカリッサ・ムーアは、ヒートトータル15.66ptでこの日のベスト・パフォーマンスをスコア。オープニング・ラウンドでコートニー・コンローグ(USA)とワイルドカードのティア・ブランコ(USA)を相手に苦戦したムーアは、エリミネーション・ヒートで再びブランコと対戦。ムーアは、この勝利でクオーターファイナルに進み、2021年のオリンピック・チームメイトであるマークスと対戦することになる。

7×WSLチャンピオンのステファニー・ギルモアは、エリミネーション・ラウンドを戦い抜き、クオーターファイナルの最終スポットを獲得。ギルモアは、タティアナ・ウェストン・ウェッブ(BRA)をtotal 14.40ptで破った。次のラウンドで同胞のイザベラ・ニコルスとマッチアップすることになった。ジョアン・ディフェイ(フランス)もルーキーのガブリエラ・ブライアン(ハワイ)を破り、ROXY Pro G-Landの勢いを継続させた。

世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT第7戦エルサルバドル
世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT第7戦エルサルバドル
世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT第7戦エルサルバドル

DAY1ハイライト

WCTメンズ
WCTウィメンズ



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet